肺に水泡音がする場合で疑われる病気とは?

肺に水泡音がする場合で疑われる病気とは?

肺に水泡ができる症状とは
肺に水泡ができたということは、肺水腫が考えられます。肺水腫とは、気管支や肺胞に水分が染み出し、水分がたまって水泡ができてしまう症状で、この結果、呼吸不全などの症状に陥ることがあります。聴診器で胸の音をきくと、ぷつぷつといった音が聞こえるのが特徴です。 年齢に関係なく誰にでも起こる可能性がありますが、特に心臓の病気を患っている方に多いのも特徴です。

 

 

長身で肺に水泡音がする場合
肺呼吸音には正常な音と、異常な音があります。異常な音の一つに水泡音があります。これは、息を吸う時に「プツプツ、パリパリ」と低い音が聴診器を当てると聞こえます。水泡音が聞こえた場合、肺水腫や肺炎、気管支炎が疑われます。

 

 

肺の水泡音の原因に関して
肺の水泡音の原因に関しては、肺に貯まった水が呼吸の際にやはり水泡音がしていたりする事で、肺に貯まった水を抜く必要があります。セキをしたりする事で苦しくなったりするとやはり水泡音の原因も十分に考えられる様です。

 

 

心不全の時に聴診で分かる水泡音
肺呼吸音で異常な音の一つに水泡音があります。これは息を吸う時に、パリパリ・プツプツといった音が聴こえます。原因は色々ありますが、その一つに心不全が考えられます。心臓と肺はつながっているため、どちらかが悪くなると呼吸機能に支障をきたしてしまいます。

 

 

肺と心臓病
肺の心臓の状況など考えて、心臓病として症状など確認する必要があります。肺の状況も色々と検査をする事で分かる事から、とにかく肺に水が貯まると心臓も苦しくなる事として、心臓病を改善していく事が必要となります。

スポンサードリンク

関連ページ

肺の胸水を抜く方法
肺に貯まった水を抜く方法、胸水を注射器で抜く、水抜きの排泄での状況、自然に吸収されます、肺の半分以上水が溜まってしまうと、胸膜炎、心不全など、痛みや呼吸困難に苦しむ、癌性胸膜炎、薬で肺に貯まった水を減らしていく方法を解説してます。
肺に水がたまる大きな原因
肺に水がたまる病気の症状、水がたまると胸に痛みがでます、むくむことでだるさや歩きにくくなったりします、肺水腫という病気、夜中に息苦しさで目が覚める、胸部X線写真の診断、水分や血液がしみだす、大きな原因は二つありますを解説してます。
肺気腫
肺気腫とはどのような病気?呼吸が苦しくなってしまう症状、2つの検査方法とは?、4つの原因、治療法は確立されてい?肺気腫を軽減させる2つの方法とは?完治は難しい病気?酸素と炭酸ガスの交換を行っている肺胞の組織が破壊、レントゲンやCTを解説してます。