肺気腫とは肺胞が破壊されてしまい肺にたまった空気を押しだせなくなる病気です

肺気腫とは肺胞が破壊されてしまい肺にたまった空気を押しだせなくなる病気です

 

肺気腫とはどのような病気なのか
肺気腫とは、酸素と炭酸ガスの交換を行っている肺胞の組織が破壊されてしまい、肺にたまった空気を押しだせなくなってしまう病気です。進行性の病気で完治は難しい病気のため早期発見・早期治療が大切になります。ですから、息切れ、痰、咳の自覚症状のある方は早めに受診する必要があります。その際、病院の何科に行けば良いのか不安な方もいらっしゃると思いますが呼吸器科で大丈夫です。

 

 

肺気腫の症状の説明をします
肺気腫の症状の説明をします。まずは正常な肺の活動では、呼吸もスムーズに行えますが、肺気腫の場合では、肺が咳き込んだ影響などで破れてしまい、肺から息が漏れたりする事で呼吸が苦しくなってしまう症状となります。

 

 

肺気腫の検査方法の説明をします
肺気腫の検査方法の説明をします。 主な検査方法は、二つあります。 ・スパイロメーターを使用した肺機能検査(肺活量を調べ、一秒間に吐き出す空気量や一回の全排気量等を測定) ・レントゲンやCTでの画像検査(写真撮影をし確認)。

 

 

肺気腫の4つの原因の説明をします
肺気腫の原因の説明をします。 肺気腫の原因となるものは、加齢によるものや、過度の喫煙など、さらには、性別も深く関係していて男性がなりやすく、また、空気が悪い場合にもなりやすくなるというのが肺気腫なのです。

 

 

肺気腫の治療法について
簡単に肺気腫の治療方法の説明をします。 残念ながら肺気腫を完全に完治させる治療法は確立されていません。 しかし薬物療法や在宅酸素療法などで症状を和らげたり、軽減させることができます。 肺気腫になったからと気持ちを静めず、信頼できる医師と共に治療を行うことをお勧めします。

 

スポンサードリンク

関連ページ

肺の胸水を抜く方法
肺に貯まった水を抜く方法、胸水を注射器で抜く、水抜きの排泄での状況、自然に吸収されます、肺の半分以上水が溜まってしまうと、胸膜炎、心不全など、痛みや呼吸困難に苦しむ、癌性胸膜炎、薬で肺に貯まった水を減らしていく方法を解説してます。
肺に水がたまる大きな原因
肺に水がたまる病気の症状、水がたまると胸に痛みがでます、むくむことでだるさや歩きにくくなったりします、肺水腫という病気、夜中に息苦しさで目が覚める、胸部X線写真の診断、水分や血液がしみだす、大きな原因は二つありますを解説してます。
肺に水泡音がする場合
肺に水泡ができる症状、長身で肺に水泡音がする、水泡音の原因、心臓病として症状など確認する、呼吸不全などの症状に陥る、息を吸う時に「プツプツ、パリパリ」と低い音が聞こえる?心臓と肺はつながっている、心不全の時に聴診で分かる水泡音を解説してます。