活動性結核の治療は多剤併用の化学療法です

活動性結核の治療は多剤併用の化学療法です

ページ内更新情報 
を更新しました。 
関連記事 
腸結核とは結核菌が腸粘膜に感染して発症する病気です 腸結核とは?病院の何科?腹痛・下痢・発熱・体重の減少等の症状、大腸内視鏡検査と診断、結核菌が腸粘膜に侵入する原因、腸結核は化学療法による治療が基本、肛門から内視鏡カメラを挿入する、症状が重い場合の治療方法とは?を解説してます。 
気管支結核は太い気管支のレベルが結核に冒されたのを指します 気管支結核とは?病院の何科?頑固な咳や発熱などの症状、胸部X線撮影やCT撮影や喀痰塗抹検査などの検査方法、空気感染が原因?、気管支結核の治療方法の流れ、長期の入院が必要な病です、肺結核とは症状が少し異なりますを解説してます。
潜在性結核は治療をせずとも一生症状が現れないことは珍しくありません 潜在性結核とは?病院の何科?抵抗力が落ちた時に風邪のような症状、診断・T−スポット検査とツベルクリン反応検査という2つの検査方法、原因、薬を飲んで結核菌を退治する治療方法、イソニアジドという治療薬を服用するを解説してます。 
結核菌の種類を全種類挙げるとヒト型結核菌など4種類あります 結核菌とは結核の原因菌です、結核菌の感染経路は空気感染?飛沫核感染?、ヒト型結核菌、ウシ型結核菌、ネズミ型結核菌などの4種類の結核菌群、ガフキー号数による結核菌検査、結核菌は薬で死滅するのか?区分表を作ったのガフキーとは?を解説してます。
「活動性結核」とは病院の何科 結核とは、結核菌によって引き起こされる感染症の一種です。活動性結核とは、この結核菌が活動し発祥している状態のことです。 病院の何科に行けば良いかわからないという方は、内科を受診するといいでしょう。結核の可能性があると医師が判断した場合、適した設備のある病院を紹介してくれます。 活動性結核の症状の解説 活動性結核について症状の解説をします。症状は風邪の症状と似ています。咳や痰や熱が出て、これが2週間以上続きます。寝汗をかき、食欲がなくなります。放置していると血痰や息切れ、体重減少へとつながります。また、多くの人を結核菌に感染させてしまうことになります。 活動性結核の診断方法と検査 ここでは活動性結核の検査方法の説明をします。 感染しているかどうかは「ツベルクリン反応検査」「インターフェロンガンマ遊離試験」などで診断します。 そのほかエックス線検査などから結核菌の有無をしらべていきます。 活動性結核の原因とは 活動性結核の原因の説明をします。 活動性結核は結核菌によって引き起こされる感染症が原因で起こります。 その結核菌を持っている人が咳をすることで飛沫し、吸い込むことで感染します。 結核菌を有している患者さんと一緒に生活したり、狭い部屋に長時間一緒にいることで広がります。 活動性結核の5つ薬の中で併用する治療方法について 活動性結核の治療方法の解説をします。 結核の治療は基本的に多剤併用の化学療法になります。具体的には、イソニアジド、リファンピシン、ピラジナミド、ストレプトマイシン、エタンブトールといった薬の中から3剤、もしくは4剤を併用します。最低でも6カ月は服用しなければなりません。 また、結核治療にはDOTS療法が推奨されています。これは薬が適切に服用されているか、医療従事者が確認するという治療方法です。

スポンサードリンク

関連ページ

結核の症状
結核の初期症状、結核の症状や潜伏期間、赤ちゃんは結核に感染しやすい、高齢者の結核の症状、呼吸困難など重い症状になる?核菌を体内に吸い込むことで結核に感染します、赤ちゃんが感染しやすい理由とは?BCG接種が望まれますを解説してます。
気管支結核
気管支結核とは?病院の何科?頑固な咳や発熱などの症状、胸部X線撮影やCT撮影や喀痰塗抹検査などの検査方法、空気感染が原因?、気管支結核の治療方法の流れ、長期の入院が必要な病です、肺結核とは症状が少し異なりますを解説してます。
肺結核後遺症
肺結核後遺症とは、肺結核後遺症の症状は気管支炎と似ている、肺結核後遺症の治療方法は現在の医学でも確立されていない?肺結核後遺症と肺気量分画を調べる検査、呼吸機能障害肺性心などの合併症を引き起こす、スパイロメトリーで診断するを解説してます。
結核菌
結核菌とは結核の原因菌です、結核菌の感染経路は空気感染?飛沫核感染?、ヒト型結核菌、ウシ型結核菌、ネズミ型結核菌などの4種類の結核菌群、ガフキー号数による結核菌検査、結核菌は薬で死滅するのか?区分表を作ったのガフキーとは?を解説してます。
結核の感染
結核の感染は接触者にうつる?結核の感染予防、結核の感染から発病、発症、結核の感染経路と感染力、結核の感染の検査方法、予防注射(BCG)が効果的、ツベルクリン反応の検査、治療する側の医者や看護師も注意が必要を解説してます。
肺結核は「結核菌」という細菌が直接の原因です
肺結核とは?病院の何科?咳や痰や熱が出る、疲れやすい症状、2つの検査方法、「結核菌」という細菌が直接の原因、3から4種類の薬を使う治療法、陽性反応が出れば 結核の診断と確定します、結核菌を吸ったら肺結核になることはない?を解説してます。
ガイドラインに沿った結核の検査はの3つに分けられます
ガイドラインに沿った結核の検査、結核のCT検査、qftでわかる結核の検査、最終的に結核かどうかがわかるpcr法検査、pcr法とは?、結核の検査の費用の一例、結核医療の通院に必要な費用の何%は保険者と公費で負担される?を解説してます。
潜在性結核は治療をせずとも一生症状が現れないことは珍しくありません
潜在性結核とは?病院の何科?抵抗力が落ちた時に風邪のような症状、診断・T−スポット検査とツベルクリン反応検査という2つの検査方法、原因、薬を飲んで結核菌を退治する治療方法、イソニアジドという治療薬を服用するを解説してます。
腸結核とは結核菌が腸粘膜に感染して発症する病気です
腸結核とは?病院の何科?腹痛・下痢・発熱・体重の減少等の症状、大腸内視鏡検査と診断、結核菌が腸粘膜に侵入する原因、腸結核は化学療法による治療が基本、肛門から内視鏡カメラを挿入する、症状が重い場合の治療方法とは?を解説してます。
粟粒結核は少なくとも2 臓器以上に活動性の病単が成立した病態です
粟粒結核とは?病院の何科?38度以上の高熱が起こり、食欲不振や倦怠感などの症状、診断と喀痰検査、血液検査、骨髄穿刺液検査、髄液検査などの4の検査方法、結核菌に感染する事が原因、多剤併用療法などの治療方法、一次抗結核薬を使用を解説してます。
多剤耐性結核とは肺結核の一種で治療薬に耐性が出来てしまった状態を言います
多剤耐性結核とは?病院の何科?咳嗽の症状、ツベルクリン反応より高精度なQFT検査とT-スポット検査などの検査方法と診断、治療薬の不適切な乱用が原因、感受性のある抗結核薬を服用する治療、直接監視下治療プログラム、耐性菌に感染する?を解説してます。
スパイロメーター
スパイロメーターで8つの病気が発見できます、スパイロメーターとキャリブレーションとは何?スパイロメーターの示す基準値、スパイロメーターの価格、スパイロメーターの使い方と見方、検査項目は肺活量、%肺活量、1秒量、1秒率で構成を解説してます。
結核予防法は結核の発病の防止という予防接種です
結核予防法の廃止、結核にかかった際の公費負担、結核予防法に基づいての健康診断に変更はない、結核予防法にBCG接種、結核予防法の改正、公費負担に申請手続きに必要なものは?BCGとは?BCGの予防接種は何年持続する?を解説してます。
スパイロメトリー検査
スパイロメトリーとは?どんな検査?スパイロメトリーの結果の見方、スパイロメトリーの問題点、スパイロメトリーの注意点、肺結核の場合%肺活量が何%未満?混合性機能障害の可能性が?拘束性肺機能障害が疑われるのは%肺活量が%未満?を解説してます。