肺に疾患のあるスポーツ選手

肺に疾患のあるスポーツ選手

 

清水エスパルスのFW北川航也選手
アスリートにおいてしばしば見られる肺挫傷。清水エスパルスのFW北川航也選手がなった肺挫傷とは、胸や背中などを激しく打撲することによって起こる肺の病気です。多くは肺の周りを包んでいる肋骨が折れて、その一部が肺に刺さることによって起こります。交通事故でも起こることがあります。

 

 

工藤浩平選手の急性肺損傷
J2松本山雅FCの工藤浩平選手が、2015年10月17日のアウェー新潟線で負傷し、急性肺損傷による肺胞出血で全治約1ヵ月と診断されました。 前半19分のセットプレーの守備で味方と交錯し、胸部を強打しました。 プレーは続行していましたが、帰りのバスで発熱など症状が悪化した為、松本市内の病院に入院して治療を受けました。

 

 

アーセナルのFWセオ・ウォルコット選手が肺挫傷から復帰
アーセナルのFWセオ・ウォルコット選手は怪我が多くあちこちの箇所手術しては治す、手術しては治すを繰り返していました。しかも2012年にも肺挫傷も起こしていて、けがをしない年はないくらい大変なサッカー選手ですね。ですが現在は怪我が治って元気にプレーしています。

 

 

J2京都サンガ所属のFWロビーニョ選手が肺塞栓症肺高血圧症と判明
J2京都サンガは8月21日に同チームに所属するFWダニエル・ロビーニョ選手が、肺塞栓症肺高血圧症の診断を受けたことを発表しました。ロビーニョ選手はFC岐阜に期限付き移籍する予定でしたが、メディカルチェックの結果移籍が破談していました。

 

 

クリス・ボッシュ選手(PF)の肺血栓について
プレイオフに照準をあわせ、勢いにのっている、NBAマイアミ・ヒートに問題が発生しました。チームの中心選手である、クリス・ボッシュ選手(PF)が肺血栓の影響で残りの試合を欠場してしまう可能性がでてきました。現在、クリス・ボッシュ選手(PF)は入院をしています。

 

 

サッカー男子元日本代表監督ザッケローニ氏の肺の病について
サッカー男子日本代表元監督アルベルト・ザッケローニ氏は監督として日本男子サッカーの躍進に大きな貢献をしました。しかし、監督となるまでには、肺の病や弱小クラブでの成功など、様々な問題を乗り越えた過去があります。

 

 

藤岡康太騎手
肺に穴があく病気です。藤岡康太騎手は肺の両方に穴が開くことを経験しました。痩せている人に多い症状です。騎士は体重管理も重要な仕事なので、痩せている人も多いです。また、ストレスもおおきな要因になるので、安静にすることが重要です。

 

 

元プロボクサーのモハメド・アリさん
いきなり肺は悪くなる!きめ細やかなチェックを。元プロボクサーのモハメド・アリさんは肺血症ショックでなくなりました。これは唐突に起こるもので、健康診断ではレントゲンを行っていますが、このように定期的な検査が必要です。早期発見になればリスクを抑えることができます。

スポンサードリンク