高齢者がマイコプラズマ肺炎に感染した場合のリスクは非常に大きい

スポンサードリンク

高齢者がマイコプラズマ肺炎に感染した場合のリスクは非常に大きい

マイコプラズマ肺炎は子供だけの病気ではありません
この肺炎は子供に多い病気ですが、大人にも感染します。感染経路は既にマイコプラズマ感染症になっている人からの飛沫感染です。特徴はなかなか治まらないしつこい咳です。普通の抗生物質が効かないこともあり、風邪と見分けがつけ難く厄介な病気です。


 

マイコプラズマ肺炎に感染になった場合の画像
マイコプラズマ肺炎に感染になった場合の潜伏期間
マイコプラズマ肺炎は、幼児期から学童期を中心に見られる呼吸器感染症です。感染してから発症するまでの期間は通常2〜3週間くらいと言われています。症状は、発熱や全身倦怠感、頭痛、痰を伴わない咳などの症状が見られます。咳は熱は下がった後も3〜4週間ほど続くこともあるのが特徴です。感染しないようにするには、普段から手洗いやうがいをするよう心がけが必要です。


 

マイコプラズマ肺炎の感染予防
子供も大人も感染するマイコプラズマ肺炎ですが予防法としては、地域などで流行している場合は人ごみに行かないようにしてマイコプラズマ肺炎感染者との接触はしないようにすることが重要です。そして、うがい手洗い、抵抗力をつける為に十分な睡眠と栄養が最大な予防方法です。流行している時期は特に注意が必要です。


 

高齢者がマイコプラズマ肺炎に感染した場合のリスクは非常に大きい
この肺炎の病原体は感染力が弱く若者にはあまり馴染みのないものかも知れませんが、免疫力が低下してる高齢者にとっては肺炎を引き起こし命を失いかねない病気です。高齢者の死亡原因の上位に肺炎がランクインしてることからしても警戒すべき病気なのです。


 

マイコプラズマ肺炎感染時の出席停止について
マイコプラズマ肺炎になった場合は、他の人に移ることがあるので人に移らなくなるまでは保育園・幼稚園・学校は出席停止になります。しかし、マイコプラズマ肺炎は、比較的に元気なので感染していても出席できそうですが二次感染が起こるので出席が可能になるまでは自宅静養をするのが一般的です。



マイコプラズマ肺炎は乳幼児より小学生以上の子供がかかりやすい病気です

 

 

子供に多いマイコプラズマ肺炎はうつる病気です
マイコプラズマ肺炎は、咳が続いたり発熱があったりと風邪と症状が似ているために風邪と診断されやすい病気です。主に子供に多くうつる病気であるため、特に幼稚園や小学校などの集団生活の場において感染が拡大しやすくなります。風邪と診断されてからでも症状が改善しないときには再診することもお考え下さい。地域でや学校等での発症情報を把握し感染しないようにつとめることも大切です。

 

 

子供に多いマイコプラズマ肺炎の画像
マイコプラズマ肺炎の子供の症状
この肺炎は誰でもかかる病気ですが、中でも子供の患者が多いのが特徴です。症状としては、熱や吐き気や嘔吐や下痢があげられます。特に特徴的なのが、咳が長引くことです。咳がいつまでも治らなければ、病院で調べてもらったほうが良いです。

 

 

子供のマイコプラズマ肺炎の原因
マイコプラズマ肺炎は通常の肺炎と違い聴診器で胸の音を聞いても肺炎特有のゼロゼロ咳が聞こえないので判断しづらい病気です。原因は、気管支や肺胞の外部の間質(組織の一部)で炎症を起こす病気です。幼児期に多く見られるマイコプラズマですが乳幼児にも発症することがあります。子供がゼロゼロ咳はしてないのに激しい咳をしていたりして高熱を出すとマイコプラズマ肺炎の可能性もあります。

 

 

マイコプラズマ肺炎の検査方法
学童期ごろの子供に多くみられるマイコプラズマ肺炎の診断には血液検査が必要となります。これは聴診・レントゲンだけでは肺炎の原因が特定できないからです。その為血液検査を行い、MPHAというマイコプラズマ抗体の数値を調べる必要があります。

 

 

マイコプラズマ肺炎の治療方法
この肺炎は“肺炎マイコプラズマ”とういう病原体によって引き起こされる感染症で、主な症状には咳・発熱・ノドの痛みなどがあり、乳幼児より小学生以上の子供がかかりやすい病気です。
主な治療方法は抗生物質の投与で外来通院による治療が可能ですが、重症の際には入院して専門的な治療を受けることが必要となる場合もあります。

 

 

大人のマイコプラズマ肺炎は25歳位までがかかりやすいです

 

 

マイコプラズマ肺炎の症状の大人と子供の違い
この肺炎の症状は、疲労感・のどの痛み・乾いた咳などから始まります。徐々に悪化していき、酷い咳・痰が出る・発熱などが1〜2週間続き、快方に向かっていきます。大人と子供の違いとして、乳幼児などは風邪程度で済みますが、学童時期の子供は集団生活で感染しやすくなります。大人は25歳位までがかかりやすいですが、繰り返すうちに多少の抵抗力がついていきます。

 

 

マイコプラズマ肺炎の薬について
マイコプラズマ肺炎の原因は、病原体の1つであるマイコプラズマに感染することです。子供だけでなく大人も十分気を付けなければなりません。予防法としては、手洗い・うがいをしっかりと行うことが最も効果的です。

 

 

マイコプラズマ肺炎の症状の大人と子供の違いの画像
マイコプラズマ肺炎の検査は陽性?陰性?
この肺炎にかかった場合、最初は乾いた咳と喉に痰がいつもくっついているような不快感が数日続きます。その後、39度の高熱が出たりします。病院へ行き、マイコプラズマにかかっていた人と接触していたと話をした場合、マイコプラズマ肺炎の検査を行ったほうがよいです。結果は陽性と陰性があります。0歳の子どもの場合、うつっていないか心配ですが、大人にはうつりやすいが小さい子どもにはうつらないようです。

 

 

マイコプラズマ肺炎の治療方法について
「マイコプラズマ肺炎の治療方法」は、自然治癒による回復が基本ですが、抗生物質の投与も行います。その他に、発熱や咳を抑える内服治療です。ただ、大人が感染すると症状が強く出て、重症化する場合があるので注意が必要です。

 

 

マイコプラズマ肺炎の薬
マイコプラズマ肺炎の薬としては、抗菌薬が処方されます。これによって症状を軽くすることが可能です。しかし、大人も高熱やひどい咳に悩まされる病気ですので、しっかりと手洗い・うがいで予防することが大切です。

スポンサードリンク

関連ページ

マイコプラズマ肺炎に効く薬
マイコプラズマ肺炎に効く薬クラビット、オゼックス、クラリス、マイコプラズマ肺炎と薬の副作用、ジスロマックという薬の効果、こどものマイコプラズマ肺炎によく使われる薬とは?下痢、吐き気、嘔吐などの消化器症状などの副作用を解説してます。
マイコプラズマ肺炎の症状
マイコプラズマ肺炎の大人の症状と治療に使われる抗生剤、子供の症状、赤ちゃんの症状、症状をチェック、マイコプラズマ肺炎の痰の症状、長い咳が一カ月以上も続きます、疲労感や倦怠感を感じる方もいます、、を解説してます。
マイコプラズマ肺炎とは非定型肺炎や異型肺炎とも呼ばれています
マイコプラズマ肺炎とは?病院の何科?ノドの痛み、鼻水・鼻づまり、37℃程度の微熱から39℃以上の高熱、咳・痰のからむ咳、呼吸困難などの症状、診断と検査、マイコプラズマという病原体が原因、マクライド系などの抗生物質での治療方法を解説してます。
気管支肺炎
気管支肺炎とは?初期症状は咳、タン、発熱、喘鳴などの症状、原因の肺炎球菌と呼ばれる細菌やインフルエンザ菌、マイコプラズマ、治療、抗菌剤や抗生物の薬、大葉性肺炎と気管支肺炎の違い、タンの白色、透明、黄色、緑色の痰の違いを解説してます。
誤嚥性肺炎
誤嚥性肺炎とは、誤嚥性肺炎の症状と看護、診断方法、誤嚥性肺炎は死亡原因第?位、抗生剤投与による治療、誤嚥性肺炎と脳梗塞、リハビリを始める前に確認する観察項目、胃ろうでも誤嚥性肺炎を起こす、予防に口腔ケアは欠かせませんを解説してます。
インフルエンザ肺炎
インフルエンザによる肺炎の高熱が続く、咳・痰が止まらない、息切れ、胸痛などの症状、感染経路、入院期間、インフルエンザのガイドライン、うつる肺炎とうつらない肺炎があります、空気に浮遊している病原体を吸い込むことで感染するを解説してます。
ウイルス性肺炎の軽い症状と重症化の症状の違い
ウイルス性肺炎とは?病院の何科?重症化すると高熱が続く、激しい咳、呼吸困難、チアノーゼといった症状、胸部X線撮影を行い肺炎特有の陰影があるか確認する検査方法、肺胞でウイルスが増殖し肺に炎症が起こる原因、特効薬は?を解説してます。
細菌性肺炎はインフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌など3つあります
細菌性肺炎とはどういう病気で、病院の何科に行けばよい?症状、胸部X線検査と診断方法、インフルエンザ菌、肺炎球菌、黄色ブドウ球菌などの原因、細菌性肺炎の治療に有効な抗菌薬、痰の検査、気管支と肺の中の空気を入れ替える肺胞の炎症を解説してます。
間質性肺炎
間質性肺炎とは、間質性肺炎の息苦しい、乾いた咳などの初期症状と症状、間質性肺炎は診断と検査、間質性肺炎の吸い込んだカビなどの原因、国の特定疾患に指定されている?免疫抑制剤や副腎皮質ホルモン剤を使うの治療方法を解説してます。
急性間質性肺炎は、肺に障害を受け体が低酸素状態になってしまう病気です
急性間質性肺炎とは?病院の何科を受診?低酸素状態に陥る症状、診断基準とするガイドライン、薬剤、放射線、ウイルス、無機塵、有機粉塵などの原因、急性間質性肺炎のプレドニゾロンやステロイドを大量に使用した治療、人工呼吸器を使うを解説してます。
特発性間質性肺炎は8つの検査方法があります
特発性間質性肺炎とは?病院の何科?労作性呼吸困難という症状、動脈血ガス分析や経皮的酸素飽和の度検査、原因不明、ステロイドを中心とした免疫抑制剤の治療方法、乾性咳という、コンコン、カンカンというような咳の症状を解説してます。
カリニ肺炎
カリニ肺炎とは?病院の何科?呼吸困難や発熱などの症状、診断と気管支に顕微鏡を入れる事でニューモシスチス・カリニを探し出す検査方法、ニューモシスチス・カリニという原虫の感染が原因、トリメトプリムとサルファ剤を配合した薬の点滴治療を解説してます。
カビ肺炎
カビ肺炎を受診する専門科、夏場に起こりやすいカビ肺炎の症状、検査の診断結果、トリコスポロンという細かな胞子をもつカビの原因、アレルギー炎症を抑えるステロイドが有効な治療法、根本的な改善法は住宅内のカビの発生を抑える事を解説してます。
夏型過敏性肺炎の原因となるトリコスポロンを吸入する環境から離れることが重要です
夏型過敏性肺炎とは?病院の何科?急性と慢性の夏型過敏性肺炎の症状、診断、梅雨に入ると高温多湿となりカビが生えやすい環境が原因、治療法、トリコスポロンを吸入する環境から離れることが重要、症状が酷い場合にはステロイド剤を服用するを解説してます。
レジオネラ肺炎とは循環式の温泉で感染することが多い病気です
レジオネラ肺炎とは?病院の何科?悪寒や高熱、全身の倦怠感などの10の症状、6つの検査方法、レジオネラ属菌によるという細菌が原因、エリスロマイシンやリファンビシンなどの抗菌薬を使用する治療方法、レジオネラ菌の潜伏場所は?を解説してます。
ニューモシスチス肺炎の診断の一番の決め手はイロベチーがあるかです
ニューモシスチス肺炎とは?病院の何科?痰の出ない乾いた空咳や発熱などの症状、検査方法、極端な免疫力の低下の原因、サルファメトキサゾールとトリメトプリムの合剤を内服する治療方法、ニューモシスチス・イロベチーが含まれている?を解説してます。