肺結核は「結核菌」という細菌が直接の原因です

肺結核は「結核菌」という細菌が直接の原因です

ページ内更新情報 

を更新しました。 

関連記事 
肺炎に関連する12の記事
気管支肺炎の痰の色は白色、透明、黄色、緑色?誤嚥性肺炎、間質性肺炎、急性間質性肺炎、、大人の肺炎の9の症状、高齢者肺炎球菌ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、肺炎球菌ワクチンの追加接種による4の副作用、肺炎球菌性肺炎の治療方法を解説してます。
カリニ肺炎とはニューモシスチス・カリニと呼ばれる微生物の感染によって起こる肺炎です
カリニ肺炎とは?病院の何科?呼吸困難や発熱などの症状、診断と気管支に顕微鏡を入れる事でニューモシスチス・カリニを探し出す検査方法、ニューモシスチス・カリニという原虫の感染が原因、トリメトプリムとサルファ剤を配合した薬の点滴治療を解説してます。 
インフルエンザ肺炎やSARSはうつる肺炎の代表です
インフルエンザによる肺炎の高熱が続く、咳・痰が止まらない、息切れ、胸痛などの症状、感染経路、入院期間、インフルエンザのガイドライン、うつる肺炎とうつらない肺炎があります、空気に浮遊している病原体を吸い込むことで感染するを解説してます。 
肺炎の治療は細菌性肺炎と非細菌性肺炎の二種類の型に分かれます
肺炎の治療期間はどれくらいか、高齢者の肺炎の治療、大人の肺炎の治療方法、子供が肺炎になった時は、原因が細菌かウイルスかで肺炎の治療方法が違う、肺炎の治療のガイドライン、二種類の肺炎とは?肺炎の治療期間は個人差がありますを解説してます。 

肺結核とは病院の何かを受診すればいいでしょうか
肺結核とは病院の何科を受診すればいいのでしょうか。近くに結核内科がある病院があればそこにいましょう。結核内科がない場合は呼吸器内科に行きましょう。結核病棟つまり結核で入院できる病院があれば入院とかもスムーズです。


肺結核の症状は風邪と同じ
はいけっかくの症状の説明をします。症状は風邪と同じです。咳や痰や熱が出る、疲れやすい、食欲がない、寝汗をかくなどします。風邪は大体数日から1週間くらいで治ってしまいますが、結核の場合は長引きます。2週間以上風邪のような症状が続いたり、良くなったり悪くなったりを繰り返すときには結核が疑われます。


肺結核の2つの検査方法の説明をします
はいけっかくの検査方法の説明をします。 塗抹検査は痰をスライドガラスに塗り 結核菌だけ染めて顕微鏡で検出します。 培養検査は培地に結核菌を培養させて 患者の痰を塗ります。 肉眼で観察をして増殖した菌を検出します。 この2つの検査で陽性反応が出れば 結核の診断と確定します。 陰性の反応の場合、はっきりと確定されないので 臨場経過を見てから、結核の疑いの診断される事があります。


肺結核の原因の解説をします
原因だけの解説をします。 肺結核は、「結核菌」という細菌が直接の原因です。 結核菌を知らずに持ってる人が、咳やくしゃみをすると、空気と一緒に空中に舞って、違う人の肺に入っていきます。 結核菌を吸ったからといって、必ず肺結核になることはないです。


肺結核の治療法を簡単に説明します
肺結核の治療方法の解説をします。基本的には薬の投薬で治療をしていきます。大体3から4種類の薬を使っていきます。他に感染させるおそれがある患者の方でもきちんと薬を服用すればその心配はありません。けして恐れないでください。

スポンサードリンク