大人の百日咳は子供よりも感染時の症状が軽く済むケースが多い?

大人の百日咳は子供よりも感染時の症状が軽く済むケースが多い?

ページ内更新情報 

を更新しました。 
関連記事 
百日咳の治療は百日咳菌やパラ百日咳菌を死滅させます
百日咳とは?病院の何科?百日咳はうつる?激しい咳発作の症状、体の中に百日咳の抗体があるかどうかを検査、百日咳菌やパラ百日咳菌などの原因、百日咳菌を死滅させる抗生物質を用いた治療、菌が死滅するには何週間必要?を解説してます。 
百日咳の症状は発熱が少なく激しい咳が多いのが特徴です
百日咳の症状、大人と子どもの百日咳の症状の違い、百日咳の症状は検査でわかる、抗生物質を介した治療、赤ちゃんがかかると肺炎や脳症等を併発して重症となる、大人にもうつる?百日咳の痰の色は?呼吸困難を伴う激しい咳発作が起こる病気を解説してます。 
百日咳の治療薬に用いられる抗生物質ジスロマックとミノマイシン
百日咳の治療に用いられる抗生物質ジスロマック、百日咳は抗生物質ミノマイシンで治療します、長引く大人の百日咳の治療、成人の百日咳の治療法、百日咳の治療と赤ちゃん、子供の百日咳の治療薬、悪化すると咳により体力が奪われるを解説してます。
百日咳の予防接種の効果と時期
百日咳の予防接種の効果、副作用、大人の百日咳の予防接種、百日咳の予防接種の時期、百日咳の成人患者の予防接種、予防接種は何年効果がある?百日咳の予防接種に使用される三種混合ワクチンとは、ワクチンの効果が無くなるとどうなる?を解説してます。 


大人の百日咳の症状
百日咳菌から感染する百日咳は、痙攣性の咳発作の症状を特有とする急性気道感染症です。子供だけでなく大人も感染する場合もありますが、その際は子供よりも感染時の症状が軽く済むケースが多いという特徴があります。


百日咳は3つの時期があります
百日咳は子供だけでなく大人でも発症して、血液検査で白血球の数を調べたら、発症しているかが分かります。百日咳の特徴は咳が長く続く事です。昔は子供の病気でしたが、現在では大人も発症します。百日咳は3つの時期があります。

1つ目は1週間から2週にかけて風邪のような症状が出て、間鼻水や咳が間続きます。
2つ目は1週間から2週間にかけて咳が悪化して、短く連続した咳が10回前後出ます。
3つ目は2週間から3週間にかけて出ていた咳が軽くなります。
血液検査で白血球が増加してないかを調べて、増加していたら確定です。


大人の百日咳の治療方法
百日咳とは、大人や子供にも感染する百日咳菌という細菌による呼吸器系の感染症です。百日咳菌が体内に存在する限り治らないので死滅させなければいけません。治療方法としては、一般的に抗生物質を服用します。服用してから5〜7日で感染力はなくなりますが、菌が死滅するまでは約2週間の服用が必要です。服薬以外に痰を出しやすくするために水分をしっかり取りましょう。


大人の百日咳は感染がこわいのです
百日咳とは字の通り、百日ほども長い期間続く咳が続くのが主症状の疾患です。小さな子供にかかると重症化することがあるため通常は生後三カ月を過ぎたら何度かに分けて予防接種をうけるのが普通であり、もっとも有効な予防策です。この百日咳が最近大人にも発症がみられております。ただし大人の症状は知らぬうちに治ってしまうこともあるので気付かないうちに他人に感染させてしまう、これが最も怖いことといえます。


大人にも急増中!ぜひ百日咳の予防接種を!!
そもそも百日咳って何?という方のために、説明しておきます。百日咳の初期症状は、風邪とよく似ています。百日咳菌という菌による感染症で、気道上皮細胞に付着して、百日咳毒素を作るため、激しい咳を引き起こします。乳幼児の方は、早めに予防接種を受けましょう。予防接種を受けていない方は医療機関を受診し、医師に相談しましょう。大人でもかかる病気なので、咳が止まらないときには、ぜひ百日咳を思い出してください。


スポンサードリンク

関連ページ

百日咳の症状
百日咳の症状、大人と子どもの百日咳の症状の違い、百日咳の症状は検査でわかる、抗生物質を介した治療、赤ちゃんがかかると肺炎や脳症等を併発して重症となる、大人にもうつる?百日咳の痰の色は?呼吸困難を伴う激しい咳発作が起こる病気を解説してます。
百日咳の毒素には気管細胞毒素に対抗するPT抗体ができているか調べます
百日咳抗体を検査するeia法、日咳抗体とbml、百日咳の抗体とpt-igg、百日咳抗体検査を受けて、百日咳に対抗する抗体ができていれば百日咳と診断される、百日咳抗体に関わるsrl、bmlとは?pt-iggの測定が新しくキット化され実用化されていますを解説してます。
百日咳の診断では血清抗体価を測定して総合的に判断しています
百日咳の診断基準とは、百日咳の診断と抗体価、百日咳の診断の項目はPT、ワクチン効果の抗体の百日咳の診断、百日咳の診断と治療、血液検査で百日咳毒素(PT)の抗体があるかどうかで判断する、乳幼児の場合は重症化しやすい?を解説してます。