ガイドラインに沿った結核の検査はの3つに分けられます

ガイドラインに沿った結核の検査はの3つに分けられます

ページ内更新情報 

を更新しました。 

関連記事 
肺結核は「結核菌」という細菌が直接の原因です
肺結核とは?病院の何科?咳や痰や熱が出る、疲れやすい症状、2つの検査方法、「結核菌」という細菌が直接の原因、3から4種類の薬を使う治療法、陽性反応が出れば 結核の診断と確定します、結核菌を吸ったら肺結核になることはない?を解説してます。 
肺炎に関連する12の記事
気管支肺炎の痰の色は白色、透明、黄色、緑色?誤嚥性肺炎、間質性肺炎、急性間質性肺炎、、大人の肺炎の9の症状、高齢者肺炎球菌ワクチン、小児肺炎球菌ワクチン、肺炎球菌ワクチンの追加接種による4の副作用、肺炎球菌性肺炎の治療方法を解説してます。
インフルエンザ肺炎やSARSはうつる肺炎の代表です
インフルエンザによる肺炎の高熱が続く、咳・痰が止まらない、息切れ、胸痛などの症状、感染経路、入院期間、インフルエンザのガイドライン、うつる肺炎とうつらない肺炎があります、空気に浮遊している病原体を吸い込むことで感染するを解説してます。 
肺炎の治療は細菌性肺炎と非細菌性肺炎の二種類の型に分かれます
肺炎の治療期間はどれくらいか、高齢者の肺炎の治療、大人の肺炎の治療方法、子供が肺炎になった時は、原因が細菌かウイルスかで肺炎の治療方法が違う、肺炎の治療のガイドライン、二種類の肺炎とは?肺炎の治療期間は個人差がありますを解説してます。 

ガイドラインに沿った結核の検査
ガイドラインに沿った結核の検査は
@感染を判定する検査
A病巣を確認する検査
B結核菌を検出する検査
の3つに分けられます。まず、最初に行うのが@の結核菌の感染を判定する検査です。2種類あります。1つはツベルクリン反応です。そしてもう1つはクォンティフェロン検査(QFT)です。QFTはBCG予防接種を行っていても施行可能です。


結核のCT検査
結核の疑いがある場合は早期に検査をしてください。近年結核患者の数は昔と比べて減ってきていますが、気になる際は早期に検査をすることも大事です。結核の検査の仕方としては、胸部X線検査と胸部ct検査になります。時間もあまりかからない方法となりますので、気になる方は早期に医療機関を受診してみる必要があります。


qftでわかる結核の検査
最近、結核の検査がqftでわかるようになったです。せきで悩む現代人が、病院で結核の検査を受けた時に、qftで体内の検査を受信して、結核の有無を判定します。その後、結核にかかった人が、治療薬を服用する説明を受けています。


最終的に結核かどうかがわかるpcr法検査
結核の検査に用いられるpcr法では、菌のDNAを増やして、検出された菌が結核菌かどうかを調べる方法です。菌の検査には様々な方法がありますが、pcr法では遺伝子情報を調べることで、結核かどうかの最終的な判断を下せる方法です。


結核の検査の費用の一例
結核の検査の費用は自己負担になります。 しかし結核だと診断された場合は感染症法の公費負担制度が適用されます。 一例として、医療費の助成を申請すると、結核医療の通院に必要な費用の95%は保険者と公費で負担されます。


スポンサードリンク