慢性副鼻腔炎とは副鼻腔に膿がたまり血痰となって出ることがあります

スポンサードリンク

慢性副鼻腔炎とは副鼻腔に膿がたまり血痰となって出ることがあります

 

 

血痰や血ができる場合の診療科目は

 

血痰が出たり、血がある場合は、

 

様々な病気による原因が考えられるため、

 

早めに医療機関を受診した方が良いです。

 

診療科目は耳鼻咽喉科になります。

 

血痰などの症状に関する疾患が考えられます。

 

 

 

 

副鼻腔炎と血痰の画像

 

副鼻腔炎と血痰の症状について

 

血痰とは痰に血が混じることです。「けったん」と読み、

 

結核や肺炎など様々な病気が元で起こります。

 

その中でも特に副鼻腔炎には注意しなくてはいけません。

 

症状としては鼻の中で炎症が主ですが非常に辛い病気です。

 

慢性的なものになると蓄膿症とも呼ばれます。

 

 

 

 

慢性副鼻腔炎から生じる血痰

 

慢性副鼻腔炎とは、急性副鼻腔炎が慢性化して

 

起こってしまうことが多い病気です。

 

炎症が長く続いてしまうと副鼻腔の粘膜が腫れてしまったり、

 

副鼻腔の空洞に膿がたまります。

 

その膿が血痰となって出ることがあります。

 

血痰の10の原因

 

 

 

 

後鼻漏は痰の中に血が交じることもあります

 

鼻の粘膜の炎症は、細菌やウイルス感染などで起こります。

 

症状がひどくなると副鼻腔に膿が溜まり蓄膿症を発症し、

 

膿が混じった黄色い汁が鼻汁として出てきます。

 

膿を伴う鼻汁の量が多いと後鼻漏という喉の方に

 

膿が流れ痰として出る症状が現れ、

 

その場合鼻の粘膜はひどく荒れてるため傷つきやすくなっており、

 

血が混じった痰が出てくることがあります。

 

 

 

 

 

朝の血痰の9の原因

 

肺炎
肺結核
肺がん
気管支炎
気管支喘息
気管支拡張症
副鼻腔炎
花粉症
風邪やインフルエンザ

 

 

 

 

朝の血痰の原因について

 

朝の咳の時の血痰の原因について考えられる原因は、

 

鼻からの出血、喉の粘膜からの出血、

 

気管支からの出血が推測されます。

 

しかし朝の血痰の原因について血痰のほかに症状がない場合は

 

結核や癌の可能性がありますので、

 

早急に医師に相談することをお勧めします。

 

結核-関連17記事

 

 

 

 

毎朝、血痰の原因について

 

毎朝、血痰の原因は、主に、肺炎や気管支炎が

 

原因であると考えられています。

 

気管支炎-関連17記事

 

どちらも痰や咳が慢性的に続いてけったんとなると言われています。

 

同じような症状でも、悪臭のある痰が続く場合は、

 

気管支拡張症も考えられます。

 

気管支拡張症とは?

 

 

 

 

朝の血痰や鼻血の画像

 

朝の血痰や鼻血の症状が出る病気は色々あります

 

朝の血痰や鼻血の症状が現れた場合、

 

疑われる病気には実際様々なものがあります。

 

副鼻腔炎や花粉症などを患っている場合には、

 

鼻の炎症が原因となって血痰のような症状が出ることもあるのです。

 

気管支や肺などの病気も考えられます。

 

血痰の色は7色ある?

 

 

 

 

朝の血痰や寝汗の症状が出る場合肺の病気が考えられます

 

朝の血痰や寝汗などの症状が現れた場合、

 

原因として考えられるのが肺結核などの肺の病気です。

 

結核-関連17記事

 

この病気の場合には、症状は比較的ゆっくりと進行していくことが多く、

 

微熱や倦怠感などの症状が合わせて現れてきます。

 

 

 

 

血痰は様々な病気のサイン
血痰が出る原因は肺がん・結核・肺炎・気管支拡張症・

 

14種類の肺炎-関連記事

 

気管支喘息・気管支炎・花粉症・風邪やインフルエンザ・

 

副鼻腔炎などが考えられます。

 

特に朝の血痰の原因は気管支炎や気管支喘息が考えられ、

 

これらの疾患の場合、血痰の他に止まらない咳や

 

咳が長引くという症状もあります。

スポンサードリンク

関連ページ

血痰
痰や唾液に血が混じっている、血痰(喫煙者の場合)、痰の色が赤かったら結核?、気管支炎でも痰に血が混じる、インフルエンザや風邪をこじらせると、喉が痛い、花粉症と血痰、肺がんの心配、タバコは百害あって一利なし、血痰の原因を解説してます。
血痰の色は7色ある?
血痰の色は、血液の酸化度で変わる、あなたの痰は何色?原因別の色の種類とは、ピンク色の理由は、赤黒い色理由、チョコレート色の理由、オレンジ色の血痰が出たときの理由、黒色の痰が出た時は?肺炎球菌が原因かも、血液が古いほど何色になる?を解説。
血痰や頭痛の原因
肺炎では時に血痰と頭痛の症状が現れる、吐き気の症状、鼻血や血痰や頭痛が続くとき、血痰と頭痛と微熱は大病のシグナル?ウィルスに感染すると下痢を伴う場合も、時に呼吸困難や意識障害などの重篤な症状が出てくるを解説してます。
血痰と咳
咳は出ない血痰の原因、血痰と感冒や咳嗽が見られる、咳をし過ぎると血痰が出て頭痛を感じる、血痰が出て咳と息苦しい原因、頭蓋骨にも大きな力がかかる、CT、気管支内視鏡検査などで診断を確定、喉や気管支に影響が出ますを解説してます。
気管支拡張症は血痰や喀血などの様々な症状がある病気です
気管支拡張症とは?重症はどうなる?咳やタン(黄色や緑色)血痰や喀血、バチ状指などの症状、胸部CTスキャンによる画像診断、先天性と後天性の原因、慢性副鼻腔炎の合併症、肺結核や肺化膿症等の感染症を解説してます。