血痰や頭痛の5の原因

血痰や頭痛の5の原因

血痰や頭痛の5の原因
肺炎
鼻炎
咽頭炎、のどを痛めている
風邪
咳をし過ぎる

 

 

肺炎では時に血痰と頭痛の症状が現れることがあります
急な発熱や血痰と頭痛などの症状が現れた場合には、肺の病気が考えられます。肺炎球菌や様々な細菌、ウイルスなどが原因となっていることが多く、時に呼吸困難や意識障害などの重篤な症状が出てくることもあるのです。

 

 

血痰と頭痛や吐き気の症状が見られるのが肺炎です
血痰と頭痛、吐き気が同時に起こった場合、原因として考えられるのが肺の炎症です。肺炎では、時にサビ色の血痰と頭痛、高熱などの症状が現れることがあります。吐き気や下痢などの消化器症状が合わせて出ることも珍しくありません。

 

 

鼻血や血痰や頭痛が続くとき
自分の痰に血が混じる血痰があると「肺からの出血ではないか、肺がんや結核ではないか」と不安になるが、他にも原因は考えられる。例えば血痰の症状の他に鼻血がみられたら、鼻炎や咽頭炎などによって、鼻腔や咽頭の粘膜が傷つき、そこから出血して痰や鼻水に血が混じった可能性が高い。そのような場合は頭痛や発熱などの風邪症状を伴う場合がある。鼻血や血痰と頭痛の症状が見られたら、耳鼻咽喉科の受診を検討するとよい。

 

 

血痰と頭痛と微熱は大病のシグナル?
誰でも頭痛や微熱がでることはあるでしょうが、その原因は風邪で免疫力が低下していることがほとんどです。しかし、血痰と頭痛が出た場合は注意が必要です。単にのどを痛めて血が出ていることもありますが、大病の前兆の可能性もありますので、速やかにかかりつけ病院で見てもらうと良いでしょう。

 

 

血痰と頭痛と下痢の原因について
血痰と頭痛の原因は、ウィルスや菌が体内に入ることによる場合があります。ウィルスを追い出そうとして咳が出て、その際に喉の表面にある血管の一部が一時的に破れてしまうと血痰が出ることがあるのです。また、咳をし過ぎると頭蓋骨にも大きな力がかかり、頭痛が起きます。ウィルスに感染すると、下痢を伴う場合もあります。

スポンサードリンク

関連ページ

慢性副鼻腔炎と血痰
血痰や血ができる場合の診療科目は、副鼻腔炎と血痰の症状、慢性副鼻腔炎から生じる血痰、後鼻漏は痰の中に血が交じる、結核や肺炎など様々な病気、急性副鼻腔炎が慢性化する、膿が混じった黄色い汁を解説してます。
血痰
痰や唾液に血が混じっている、血痰(喫煙者の場合)、痰の色が赤かったら結核?、気管支炎でも痰に血が混じる、インフルエンザや風邪をこじらせると、喉が痛い、花粉症と血痰、肺がんの心配、タバコは百害あって一利なし、血痰の原因を解説してます。
血痰の色は7色ある?
血痰の色は、血液の酸化度で変わる、あなたの痰は何色?原因別の色の種類とは、ピンク色の理由は、赤黒い色理由、チョコレート色の理由、オレンジ色の血痰が出たときの理由、黒色の痰が出た時は?肺炎球菌が原因かも、血液が古いほど何色になる?を解説。
血痰と咳
咳は出ない血痰の原因、血痰と感冒や咳嗽が見られる、咳をし過ぎると血痰が出て頭痛を感じる、血痰が出て咳と息苦しい原因、頭蓋骨にも大きな力がかかる、CT、気管支内視鏡検査などで診断を確定、喉や気管支に影響が出ますを解説してます。
気管支拡張症は血痰や喀血などの様々な症状がある病気です
気管支拡張症とは?重症はどうなる?咳やタン(黄色や緑色)血痰や喀血、バチ状指などの症状、胸部CTスキャンによる画像診断、先天性と後天性の原因、慢性副鼻腔炎の合併症、肺結核や肺化膿症等の感染症を解説してます。