血痰と咳の16の原因とは気管支系の病気などです

スポンサードリンク

血痰と咳の16の原因とは気管支系の病気などです

 

血痰と咳の16の原因

 

ストレス
肺がん
感冒
咳嗽
百日咳
肺炎
喘息
気管支拡張症
肺結核
肺血栓塞栓症
真菌による肺アスペルギルス症肺梗塞
肺梗塞
喉の表面にある血管の一部が一時的に破れた
急性咽頭 炎
咽頭癌
食道癌

 

 

 

 

血痰と咳の原因の画像

 

咳は出ない血痰の原因とは

 

咳は出ない血痰の原因は、

 

副鼻腔炎などの鼻からの出血が口に降りてきた場合や、

 

歯槽膿漏などや口の中の傷の出血、

 

食道からの出血がある場合などが考えられます。

 

肺がんの初期の場合は血痰が出ても咳はない場合があります。

 

 

 

 

血痰と感冒や咳嗽が見られる

 

血痰とは、血が混じった痰のことです。

 

血痰が出る病気で考えられるのは、肺がんです。

 

肺がんは血痰が発見のきっかけになるとも言われる位、

 

症状が出にくい病気です。

 

他に感冒や咳嗽など、気管支系の病気でも出ることがあります。

 

血痰が出た場合、早めに検査を受けることをお勧めします。

 

慢性咳嗽と湿性咳嗽とアトピー咳嗽

 

 

 

 

咳をし過ぎると血痰が出て頭痛を感じる

 

咳が出る原因は喉が炎症を起こしていたり

 

風邪を引いている事が原因ですが、

 

炎症や風邪の原因となっているウイルスや

 

菌を体の外に追い出そうと、

 

体自体の働きによって咳は出ます。

 

しかしあまり咳を出し過ぎると、

 

血痰が出て頭痛を感じます。

 

咳と頭痛の原因は咳を連続でする事で喉だけでなく、

 

頭蓋骨にも大きな力がかかります。

 

なので咳をすると頭痛を感じてもおかしい事ではなく、

 

何かの病気のサイン等でもないです。

 

 

 

 

血痰が出て咳と息苦しい原因とは

 

血痰が出て咳と息苦しい原因は肺炎や気管支拡張症、

 

肺がん、肺結核、肺血栓塞栓症、

 

真菌による肺アスペルギルス症、

 

肺梗塞などがあげられます。

 

 

気管支拡張症とは

 

 

胸部X線検査や喀痰細胞診、CT、

 

気管支内視鏡検査などで診断を確定します。

 

 

 

 

強い咳は血痰も出てくる

 

風や空気と一緒に菌やウイルスを吸い込んでしまうと、

 

喉や気管支に影響が出ます。

 

すると菌やウイルスを追い出そうと咳が出ますが、

 

一緒に血痰が出る事があります。

 

血痰の原因は喉の表面にある血管の一部が、

 

一時的に破れたため痰に血が混じります。

 

咳には吸い込んだ菌やウイルスを吐き出す効果があり、

 

すぐに出れば良いですがなかなか出ない時もあります。

 

出てこないと咳も強くなり、強い咳の原因になります。

 

 

 

 

 

血痰と咳と喘息

 

血痰と咳の原因となる病気としては、

 

様々なものが考えられます。

 

まず咳の原因となる病気としては喘息等が有名です 。

 

 

喘息-関連17記事

 

 

次に血痰の原因となる病気では、

 

肺癌等があります。

 

また、両方の症状が出る病気としては

 

肺結核等が有名です。

 

結核-関連17記事

 

 

血痰と咳の原因とストレスとの関係

 

ストレスは万病の元になり、ストレスによって

 

身体が弱ることで様々な病気を引き起こすことがあります。

 

その中の 一つに咳が挙げられ、

 

風邪などをひくことにより血痰を吐くことがあります。

 

血痰と咳の原因は、

 

咳をし過ぎること によって喉や気管支が炎症します。

 

そのことにより血痰を吐いてしまうことになります。

 

ただし他の病気のことも考 えられるので、

 

医療機関を受診することが必要です。

 

血痰の色は7色ある?

 

 

血痰と百日咳について

 

血痰と百日咳の関係性ですが、

 

百日咳の症状として咳が二週間以上続き

 

黄色い痰が出るのが特徴ですが喫煙者でしたり

 

咳があまりひどいと血痰が出る場合があります。

 

熱は出ませんが激しい咳が

 

100日続くことから百日咳と呼ばれます。

 

百日咳-関連4記事

 

 

 

 

血痰と咳と胸の痛みの原因

 

血痰と咳と胸の痛みの原因として、

 

様々な病気が考えられます。

 

血痰と咳と胸の痛みの症状が出たら

 

病院に行かなければなりません。

 

 

 

 

血痰と咳の原因について

 

血痰と咳の原因は、さまざまなケースがあります。

 

声がれの時は、熱が続いている場合、

 

風邪になった場合は急性咽頭炎が考えられます。

 

外部サイト
咽頭炎と急性咽頭炎と慢性咽頭炎の違いとは?

 

 

他にも咽頭癌、食道癌などが考えられます。

 

血痰と咳で声がれが起きている場合は、

 

すぐに医師の診断を受けた方が良いです。

スポンサードリンク

関連ページ

慢性副鼻腔炎と血痰
血痰や血ができる場合の診療科目は、副鼻腔炎と血痰の症状、慢性副鼻腔炎から生じる血痰、後鼻漏は痰の中に血が交じる、結核や肺炎など様々な病気、急性副鼻腔炎が慢性化する、膿が混じった黄色い汁を解説してます。
血痰
痰や唾液に血が混じっている、血痰(喫煙者の場合)、痰の色が赤かったら結核?、気管支炎でも痰に血が混じる、インフルエンザや風邪をこじらせると、喉が痛い、花粉症と血痰、肺がんの心配、タバコは百害あって一利なし、血痰の原因を解説してます。
血痰の色は7色ある?
血痰の色は、血液の酸化度で変わる、あなたの痰は何色?原因別の色の種類とは、ピンク色の理由は、赤黒い色理由、チョコレート色の理由、オレンジ色の血痰が出たときの理由、黒色の痰が出た時は?肺炎球菌が原因かも、血液が古いほど何色になる?を解説。
血痰や頭痛の原因
肺炎では時に血痰と頭痛の症状が現れる、吐き気の症状、鼻血や血痰や頭痛が続くとき、血痰と頭痛と微熱は大病のシグナル?ウィルスに感染すると下痢を伴う場合も、時に呼吸困難や意識障害などの重篤な症状が出てくるを解説してます。
気管支拡張症は血痰や喀血などの様々な症状がある病気です
気管支拡張症とは?重症はどうなる?咳やタン(黄色や緑色)血痰や喀血、バチ状指などの症状、胸部CTスキャンによる画像診断、先天性と後天性の原因、慢性副鼻腔炎の合併症、肺結核や肺化膿症等の感染症を解説してます。