気管支拡張症は血痰や喀血などの様々な症状がある病気です

気管支拡張症は血痰や喀血などの様々な症状がある病気です

 

 

気管支拡張症は何科

呼吸器科・呼吸器内科の受診をしてください。

 

 

【気管支拡張症とは】Bronchiectasis

 

 

きかんしかくちょうしょうは、文字通り気管支が拡がることにより、

 

様々な症状が生じる気管支の病気です。

 

現任は様々存在しますが、

 

主に生まれた時から存在している

 

先天性気管支拡張症と風邪等の

 

気道感染症がきっかけとなって

 

病変部に度々同様の感染が起こったときに、

 

気管支拡張症が後天的に発症する場合があります。

 

 

気管支拡張症の症状】Symptom

 

きかんしかくちょうしょうは閉塞をする気管支炎とは異なり、

 

逆に広がってしまう病変です。

 

これにより気管支が本来持つ

 

「空気の清浄化」が正しく行われなくなり、

 

その他の感染症罹患リスクを上げる可能性があります。

 

また、拡張した気管支は他の部分よりも

 

血管が多く張り巡らされることにより、

 

血痰や喀血などの症状が生じる場合もあります。

 

また、重症例では爪の付け根が肥大して

 

下側(手の甲から手の平に向けて)に大きくなる

 

「バチ状指」と呼ばれる状態がみられる事があります。

 

また、きかんしかくちょうしょうの罹患者の30%〜40%という

 

比較的高い割合で慢性副鼻腔炎の合併が報告されています。

 

持続する咳やタン(黄色や緑色)、

 

ときに血痰や喀血等の症状がある場合、

 

この疾患が考えられます。

 

 

気管支拡張症の原因】Cause

 

きかんしかくちょうしょうの原因は二通りあり、

 

先天性のものと後天性のものです。

 

先天性の場合胎児の状態で、

 

既に存在しているもので生まれてから

 

治療が始まるものです。

 

後天性のきかんしかくちょうしょうは

 

気管支内の構造に基礎疾患があったり、

 

子供の頃に罹った風邪などで傷ついた組織を

 

中心に繰り返し感染をすると傷ついた部分が

 

拡張する事があります。

 

また、肺結核や肺化膿症等の他の感染症や

 

疾患に引き続いた発症なども考えられます。

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

慢性副鼻腔炎と血痰
血痰や血ができる場合の診療科目は、副鼻腔炎と血痰の症状、慢性副鼻腔炎から生じる血痰、後鼻漏は痰の中に血が交じる、結核や肺炎など様々な病気、急性副鼻腔炎が慢性化する、膿が混じった黄色い汁を解説してます。
血痰
痰や唾液に血が混じっている、血痰(喫煙者の場合)、痰の色が赤かったら結核?、気管支炎でも痰に血が混じる、インフルエンザや風邪をこじらせると、喉が痛い、花粉症と血痰、肺がんの心配、タバコは百害あって一利なし、血痰の原因を解説してます。
血痰や頭痛の原因
肺炎では時に血痰と頭痛の症状が現れる、吐き気の症状、鼻血や血痰や頭痛が続くとき、血痰と頭痛と微熱は大病のシグナル?ウィルスに感染すると下痢を伴う場合も、時に呼吸困難や意識障害などの重篤な症状が出てくるを解説してます。
血痰と咳
咳は出ない血痰の原因、血痰と感冒や咳嗽が見られる、咳をし過ぎると血痰が出て頭痛を感じる、血痰が出て咳と息苦しい原因、頭蓋骨にも大きな力がかかる、CT、気管支内視鏡検査などで診断を確定、喉や気管支に影響が出ますを解説してます。