気管支炎と似ている7つの病気

気管支炎と似ている7つの病気

 

【似ている病気】
慢性閉塞性肺疾患(COPD)
肺炎
肺がん
肺結核
急性気管支炎
喘息
百日咳
など7つの病気が気管支炎と似ている病気です。

 

 

【慢性閉塞性肺疾患(COPD)】
気管支炎は様々な要因によって気管支の壁(気管支壁)が炎症によって膨張します。それによって気管支内が狭くなってしまう慢性閉塞性肺疾患(COPD)の一つです。この病気は気管支が閉塞するという特徴があり、気管支炎をはじめとして肺炎や肺がん、結核なども類似した症状を見せることがあります。
ウイルスや細菌による風邪の後の気管支炎様の咳などは基本的に急性気管支炎と診断されるでしょう。しかしながら、続く発熱や血痰、喀血などの症状が出た場合は、気管支炎では無い、ほかの病気が疑われます。上記の症状が出たら、早期の呼吸器科受診が望まれます。

 

 

【咳の中でも厄介な病気は肺結核などが挙げられます】
続く咳の中でも厄介な病気は肺結核などが挙げられます。その他の呼吸器系感染症の中でも伝染性が強く、今までは過去の病気とされていましたが、薬剤耐性菌などの出現もあり現在でも罹患者は数多く報告されています。また、感染した教師が子供に集団感染をさせてしまう等、施設内での集団感染の報告が多い病気ですので早期発見が鍵となります。
長引く咳、呼吸がしにくい、血痰や喀血などの症状が出た場合は何科?と疑問ですが、その時は内科よりも、呼吸器科・呼吸器内科がある病院を受診することが好ましいです。

 

 

気管支炎と喘息の違い
気管支炎と喘息の違いについて説明します。きかんしえんを発症すると、気管支に炎症が起こり、風邪に似たような症状が発生します。これに対して喘息は、激しい呼吸困難が起こります。

 

 

気管支炎と百日咳は違います
皆さんきかんしえんと百日咳の違いが分かりますか?おそらくご存知でない方が大半だとおもいます。では違いを説明していきたいとおもいます。きかんしえんとは風邪が原因によるものが大半であり、ひどいときには呼吸困難や意識障害をひきおこします。一方百日咳は百日咳菌といったものが原因となっており、風邪ではありません。また、痙攣性の咳発作をおこすことが特徴でその名の通り咳が長引くといった症状がみられます。

 

 

気管支炎と肺炎の違い
きかんしえんと肺炎の違いについて説明します。きかんしえんの場合は、胸部レントゲン写真をみてもほぼ正常であることが多いです。これに対して肺炎の場合は、胸部レントゲン写真でさまざまな異常な陰影がみられることにより診断されます。

 

 

気管支炎と結核の違い
気管支炎と結核の違いを解説していきます。きかんしえんは感染性のウイルスや細菌等が主原因です。初期には風邪症状が引きおこります。一方結核は、原因として結核菌に感染したことが挙げられ、全身の器官に感染することが特徴です。

 

スポンサードリンク

関連ページ

いろんな気管支炎の原因
急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、気管支肺炎、インフルエンザ、ウイルス感染による風邪、刺激物、タバコの煙、スモッグやアンモニア等の刺激性化学物質、排気ガス、ダニやハウスダストのいろんな気管支炎の原因などについて解説してます。
気管支に疾患を持つ有名人
ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手は気管支が弱い、元AKB48の大堀恵さんの長女はRSウイルスによる気管支炎に、メーガン・トレイナーさん、アーセナルのメルテザッカー選手の気管支炎、十分に活躍することができる、試合を欠場するを解説してます。
閉塞性細気管支炎は非常に希な病気です
閉塞性細気管支炎とは?自覚症状、呼吸が苦しい、息切れ、タンが多く出る症状、抗生剤などの薬、骨髄移植や膠原病喫煙や有毒ガスの吸引等の原因、X線(レントゲン)検査とCTスキャンによる画像診断、気管支炎の中でも非常に希な病気を解説してます。
気管支炎で痰と咳が出る理由
気管支炎の痰と咳とは、気管支炎の痰と咳、風邪が治っても痰や咳が続いている場合、痰と咳で息苦しい、急性気管支炎、慢性気管支炎、風邪と気管支炎の違いとは?粘膜が傷ついてしまうを解説してます。
アレルギー性気管支炎
アレルギー性気管支炎とは?「コンコン」といった空咳などの初期症状、胸の痛み、息苦しい、タンが多く排出される症状、ヒョウダニやハウスダスト、花粉やカビの原因、治療期間を解説してます。
気管支炎の症状は初めはコンコン、次にゴホゴホ、呼吸はゼーゼーとなります
気管支炎は病院の何科?赤ちゃんと幼児に多い気管支炎の症状、大人の気管支炎の症状、4の原因、気管支炎の症状は痰が混ざり湿りけもある重い咳、38度前後の熱が出ます、RSウイルスなどの侵入を解説してます。
マイコプラズマ気管支炎
マイコプラズマ気管支炎とは?マイコプラズマとは?マイコプラズマ肺炎、喉の痛み、空咳から、タンが絡む、幼児、子供と大人の症状、原因、治療期間、子供が感染した場合は大人でも注意が必要?を解説してます。
いろんな気管支炎の症状
風邪、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支肺炎、気管支喘息、心臓の位置がずれる、ヒューヒューと言う喘鳴音、呼吸困難が進行し、チアノーゼ等の症状、ウイルス感染、黄色または緑色の粘度の痰などのいろんな症状について解説してます。
急性細気管支炎の症状
急性細気管支炎の症状、発熱、咳、鼻水、息がゼエゼエします、アデノウイルスなどがその代表、発熱や全身倦怠感が起こる、せきは1週間程度残る場合があります、随伴症状とは何か、咳が出て痰がからむ、一歳以下の子供によくみられる病気を解説してます。
気管支炎の再発
気管支炎の再発しやすい人は?喫煙習慣がある人や排ガスを吸ってしまう環境にある人、花粉症などアレルギーがある人や過敏症の人、気管支炎の再発、再発を繰り返す理由とは?喘息に移行する可能性などについて解説してます。
気管支鏡検査
気管支鏡検査とは?気管支ファイバースコープ、CTスキャンの画像診断、気管支鏡検査の目的、気管支鏡検査の麻酔の実施、気管支鏡検査後でわかった結果を解説してます。
子供と大人の気管支炎
子供の気管支炎は喘息に移行しないように早い治療がポイント、仕事を休めない人、大人の気管支炎は肺炎にまで悪化させやすい?喘息の治療は期間が長くまた使用する薬剤も高価になります、気管支炎の自己判断はきけんですについて解説してます。
長引く咳
風邪熱の後の長引く咳と吐く痰、子供の長引く咳と熱と鼻水、急性気管支炎やマイコプラズマ気管支炎は赤ちゃん、子供、大人にうつる?昼間、夜間を問わずタンが絡んだ咳が出る、発熱や鼻水が止まらない、食欲減退などをを解説してます。