気管支炎で痰と咳が出る理由

スポンサードリンク

気管支炎で痰と咳が出る理由

 

気管支炎の痰と咳の原因はたばこの画像
気管支炎の痰と咳とは
この疾患は空気中の微生物による感染やアレルギー、喫煙などさまざまな理由により引き起こされます。気管支に炎症がおこり、激しい咳や痰が続きます。この疾患により息苦しくなる場合もありますので注意が必要です。

 

 

風邪が治っても痰や咳が続いている場合
風邪の症状が治っても痰や咳が続いている場合は、気管支炎が疑われます。風邪とこの病気はどちらもウィルスや細菌に感染することでは共通していますが、ウィルスや細菌のつく場所が違います。風邪が上気道感染症であるのに対して、この病気はより末端の気管支に炎症を起こします。この疾患を放置しておくと、重症化する恐れがあるので、早めに対処することがいいでしょう。

 

 

気管支炎の痰と咳と血
この疾患には、ひどくなった場合に血の混じった痰が出ることがあります。この疾患が長く続くことにより、粘膜が傷ついてしまうことで引き起こされます。そのような場合は、専門の医療機関に治療してもらうことが必要です。

 

 

気管支炎の痰と咳で息苦しい
この疾患で息苦しいならば、とにかく病院へ行くことが理想的です。肺における内容をきちんと見れば、こちらとしても納得できるような血圧へ向かうことができるのです。この病気は高齢で発症するのです。

 

 

気管支炎の痰と咳に悩む女性の画像
ムコダインは、気管支炎の痰の切れを良くする
ムコダインは、この病気の痰の切れを良くする処方薬です。荒れた鼻や気管支の粘膜の補修や抵抗力を上げ、鼻水が出やすくなる効果もあります。目の充血や食欲不振、口の周りの発疹や水疱などの副作用も報告されています。不安に感じたりおかしいと思った時には服用をやめ、医師の診察を受けるようにしてください。

 

 

喉の奥から絞り出すような痰を伴う咳が長く続く場合は気管支炎?
風邪をひいた後に喉の奥から絞り出すような痰を伴う咳が長く続く場合はこの病気になっている可能性があります。 この病気の痰は、白い状態であればウィルス感染、黄色の場合は細菌感染が疑われます。

 

 

【気管支炎とは】

気管支炎は、小さく分岐していく空気の通路である気管支が様々な要因で炎症を起こして咳が出て、発熱を起こすこともある病気のことです。急性気管支炎と慢性気管支炎があり、それぞれで症状や治療法なども異なってくるので自分がどちらの気管支炎なのかを理解する事が重要です。

 

 

【急性気管支炎とは】Acute-Bronchitis

急性気管支炎は気管支炎の中でも、細菌やウイルスなど風邪由来で起こる「急性」の気管支炎です。

多くの場合は、風邪のひとつの症状であり同時または風邪の収束に引き続いて起こります。また刺激性の気体を吸引した時などにも発症する病気です。
肺気腫などの基礎疾患がある場合、重篤化する可能性がありますので早期受診が望まれます。
ウイルス由来の場合タンの色は「白」ですが、細菌による二次感染が起こるとたんの色は「緑」または「黄色」に変わります。

 

 

慢性気管支炎で呼吸がスムーズに出来なくなった画像

【慢性気管支炎とは】

長引く咳やタンの絡み、息切れで主に疑われるのは「慢性気管支炎」と「肺気腫」の二つです。

この二つは「慢性閉塞性肺疾患」と呼ばれています。
気管支内が炎症で腫れてくるとその分空間が狭まってしまい、それによって呼吸がスムーズに出来なくなり
ゼーゼーとした喘鳴音が聞こえるようになるという物です。
慢性気管支炎は専門的に「咳とタンが、主に冬季に3ヶ月以上ほぼ毎日続く状態が2年以上連続していて
それがほかの病気によるものではない」という時に慢性気管支炎であると診断されます。
(日本臨床内科医会より)

 

 

【急性気管支炎と慢性気管支炎は何科を受診する?】

慢性気管支炎は急性気管支炎とは異なり、細菌やウイルスの感染ではなく、喫煙やアレルギー等の環境的な要因が強いため、それぞれによって受診を受ける科が異なります。

内科


もし、咳とともに発熱などの症状がある場合は内科

呼吸器科

咳や息苦しさ等が中心で発熱がない場合は呼吸器科

アレルギー外来や耳鼻咽喉科

アレルギーが原因と考えられる場合はアレルギー外来や耳鼻咽喉科などの受診が好ましいです。

 

 

急性気管支炎の診断

急性気管支炎の診断は主に問診など医師の所見に基づいて行われます。高熱や胸の痛み、喘鳴等の症状が出た場合、肺炎の可能性を調べるためにX線(レントゲン)の検査が行われる場合があります。また、インフルエンザの流行期や感染の可能性が疑われた場合はインフルエンザ検査キットによるサンプル採取が行われる場合もあります。

 

 

急性気管支炎の症状

多くの場合は、風邪のひとつの症状で咳やタンが出るといった症状、風邪が収まっても数週間ほど咳などの症状が続く 場合があります。水分が少ないとタンの切れも悪い症状もあります。

 

 

急性気管支炎の原因

急性気管支炎は、通常ウイルス感染による風邪由来が一般的です。風邪の症状が見られた時に付随して起こる咳やタンが出るといった症状には急性気管支炎の診断がつく場合が多いです。この他に、刺激物等の吸引に

よって起こる刺激性気管支炎と呼ばれるものが主だった原因とされています。
感染性気管支炎はインフルエンザを始めとするウイルスや細菌の感染によって起こり、風邪が収まっても数週間ほど咳などの症状が続く場合があります。また、喫煙者や肺の基礎疾患がある人は、繰り返し感染を起こすリスクが高いと言われています。
刺激性気管支炎はタバコの煙をはじめとしてスモッグやアンモニア等の刺激性化学物質等様々な粒子を吸うことにより起こる気管支炎です。極端な例では、マスタードや香辛料を吸い込んだことにより起こる場合もあります。

 

 

急性気管支炎の3大病原体
肺炎マイコプラズマ
肺炎クラミドフィラ
クラミジア

 

 

急性気管支炎は伝染性の病気?
急性気管支炎とは、細菌や副流煙など、喉への刺激が原因で、肺に近い位置にある気管が炎症を起こぢ、ひどい咳や痰がでる病気です。基本的に伝染性の病気ではありませんが、細菌やウィルスが原因のときは、急性気管支炎はうつる可能性がありますので、症状が出たら、適切な治療をうける必要があります。

 

 

急性気管支炎の感染経路について
気管支のの炎症を気管支炎と言い、慢性と急性があります。 ウイルスが原因のため、急性気管支炎の感染経路は手についた細菌や空気感染などです。 予防として日ごろからうがい手洗いやマスクを付けるなどの対策が必要です。

 

 

急性気管支炎で咳が出る画像
急性気管支炎の起炎菌とは
急性気管支炎になると咳やたんを伴いながら器官が炎症を起こします。その起炎菌とは風邪と同様にウイルスが原因になることが多いとされており、肺炎マイコプラズマ、肺炎クラミドフィラと呼ばれる病原体が原因になることもあります。

 

 

急性気管支炎の病原体
急性気管支炎の病原体となるのは、風邪の原因になっているウイルスや細菌にあるとされています。最近話題のマイコプラズマやクラミジアやクラミドフィラなども気管支炎の原因となる病原体として挙げられています。これらの病原体が体内に侵入すると、体が自然と排除しようとするため炎症を起こし、咳やたんとなって体外に出す動きが起こります。

 

 

細菌性の急性気管支炎とは
細菌性の急性気管支炎とは、あまりみられることはないが、子供がかかる病気で突然にかかる病気で呼吸をするときにヒューヒューと音がし、高熱を出すのが特徴で、膿のような感じの痰がでます。

 

スポンサードリンク

関連ページ

いろんな気管支炎の原因
急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、気管支肺炎、インフルエンザ、ウイルス感染による風邪、刺激物、タバコの煙、スモッグやアンモニア等の刺激性化学物質、排気ガス、ダニやハウスダストのいろんな気管支炎の原因などについて解説してます。
気管支に疾患を持つ有名人
ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手は気管支が弱い、元AKB48の大堀恵さんの長女はRSウイルスによる気管支炎に、メーガン・トレイナーさん、アーセナルのメルテザッカー選手の気管支炎、十分に活躍することができる、試合を欠場するを解説してます。
閉塞性細気管支炎は非常に希な病気です
閉塞性細気管支炎とは?自覚症状、呼吸が苦しい、息切れ、タンが多く出る症状、抗生剤などの薬、骨髄移植や膠原病喫煙や有毒ガスの吸引等の原因、X線(レントゲン)検査とCTスキャンによる画像診断、気管支炎の中でも非常に希な病気を解説してます。
アレルギー性気管支炎
アレルギー性気管支炎とは?「コンコン」といった空咳などの初期症状、胸の痛み、息苦しい、タンが多く排出される症状、ヒョウダニやハウスダスト、花粉やカビの原因、治療期間を解説してます。
気管支炎と似ている病気
気管支炎と似ている病気の慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎や肺がん、結核、続く発熱や血痰、喀血などの症状は気管支炎ではない?長引く咳の中で厄介な病気は?子供に集団感染をさせてしまう病気は?呼吸器科・呼吸器内科がある病院を受診するを解説してます。
気管支炎の症状は初めはコンコン、次にゴホゴホ、呼吸はゼーゼーとなります
気管支炎は病院の何科?赤ちゃんと幼児に多い気管支炎の症状、大人の気管支炎の症状、4の原因、気管支炎の症状は痰が混ざり湿りけもある重い咳、38度前後の熱が出ます、RSウイルスなどの侵入を解説してます。
マイコプラズマ気管支炎
マイコプラズマ気管支炎とは?マイコプラズマとは?マイコプラズマ肺炎、喉の痛み、空咳から、タンが絡む、幼児、子供と大人の症状、原因、治療期間、子供が感染した場合は大人でも注意が必要?を解説してます。
いろんな気管支炎の症状
風邪、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支肺炎、気管支喘息、心臓の位置がずれる、ヒューヒューと言う喘鳴音、呼吸困難が進行し、チアノーゼ等の症状、ウイルス感染、黄色または緑色の粘度の痰などのいろんな症状について解説してます。
急性細気管支炎の症状
急性細気管支炎の症状、発熱、咳、鼻水、息がゼエゼエします、アデノウイルスなどがその代表、発熱や全身倦怠感が起こる、せきは1週間程度残る場合があります、随伴症状とは何か、咳が出て痰がからむ、一歳以下の子供によくみられる病気を解説してます。
気管支炎の再発
気管支炎の再発しやすい人は?喫煙習慣がある人や排ガスを吸ってしまう環境にある人、花粉症などアレルギーがある人や過敏症の人、気管支炎の再発、再発を繰り返す理由とは?喘息に移行する可能性などについて解説してます。
気管支鏡検査
気管支鏡検査とは?気管支ファイバースコープ、CTスキャンの画像診断、気管支鏡検査の目的、気管支鏡検査の麻酔の実施、気管支鏡検査後でわかった結果を解説してます。
子供と大人の気管支炎
子供の気管支炎は喘息に移行しないように早い治療がポイント、仕事を休めない人、大人の気管支炎は肺炎にまで悪化させやすい?喘息の治療は期間が長くまた使用する薬剤も高価になります、気管支炎の自己判断はきけんですについて解説してます。
長引く咳
風邪熱の後の長引く咳と吐く痰、子供の長引く咳と熱と鼻水、急性気管支炎やマイコプラズマ気管支炎は赤ちゃん、子供、大人にうつる?昼間、夜間を問わずタンが絡んだ咳が出る、発熱や鼻水が止まらない、食欲減退などをを解説してます。