長引く咳(気管支炎)は子供などにうつる?

長引く咳(気管支炎)は子供などにうつる?

 

ページ内更新情報 

細気管支炎が発症しやすい年齢とは? 
を更新しました。

二次感染が起きても、伝染の可能性がある? 
急性気管支炎やマイコプラズマ気管支炎は赤ちゃん、子供、大人にうつる? 
子供の長引く咳と熱と鼻水 

 

【風邪熱の後の長引く咳と吐く痰】

気管支炎の咳の特徴として、「風邪の後の長引く咳」が挙げられます。この場合急性気管支炎が疑われます。風邪の菌が気管支に移ったことにより引き起こされる咳です。昼間、夜間を問わずタンが絡んだ咳が出ますが、特に自律神経が緩む夜間にタンが多く出るのが特徴的です。多くの気管支炎で見られる初期症状では「コンコン」と乾いた空咳が挙げられます。その後、タンの絡んだ咳が出始めるようです。

 

 

子供の長引く咳と熱と鼻水

また、子供に多い喘息性気管支炎の場合(喘息性気管支炎は喘息ではなく気管支炎)は風邪をひいたあと、 いつまでも咳をし続ける症状が続きますが、他の気管支炎で見られるような発熱や鼻水が止まらない、食欲の減退、夜に症状が悪化する等の症状が見られないと言うのも特徴的です。 肺炎や肺がんと区別をつけるためX線(レントゲンん)による画像診断が行われます。聴診ではヒューヒューという喘鳴音を聴くことで診断を付けます。

 

 

急性気管支炎やマイコプラズマ気管支炎は赤ちゃん、子供、大人にうつる?

また、ウイルス性や細菌性の急性気管支炎やマイコプラズマ気管支炎などは、咳をすることにより、赤ちゃん、子供、大人に飛沫感染の危険性がありますが、喘息や環境要因の慢性気管支炎は伝染の危険性が少ないのも特徴として挙げられます。急性の気管支炎等では看病をするにあたり、風邪と同様に、うつる可能性を考えながら接してください。気管支炎の原因も種類も様々ですが、特にマイコプラズマ気管支炎やウイルス由来・最近由来の急性気管支炎は伝染する可能性があります。

 

 

二次感染が起きても、伝染の可能性がある?

したがって、大人が罹患している場合、子供と赤ちゃんに接する時は感染させないように注意を払う必要があります。また、環境要因による慢性気管支炎についてもその後、二次的な感染が起こると、伝染の可能性があるので注意が必要です。気管支炎が重篤化するとしばしば肺炎に移行します。この場合、4日以上続くような発熱がある場合は肺炎等を疑った方がいいかもしれません。

 

 

細気管支炎が発症しやすい年齢とは?

また、ウイルスが原因の細気管支炎は特に乳児期(18ヶ月以下、特に6ヶ月未満)の発症が多い様です。この細気管支炎は一見風邪の症状を呈しますが、軽い風邪の症状が1〜3日続いた後、急速に症状が悪化して激しい呼吸困難とチアノーゼが現れます。気管支炎の中でもこの細気管支炎は急変しやすいので、この様な症状が起こったら直ちに入院などの措置が必要です。

スポンサードリンク

関連ページ

いろんな気管支炎の原因
急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支喘息、気管支肺炎、インフルエンザ、ウイルス感染による風邪、刺激物、タバコの煙、スモッグやアンモニア等の刺激性化学物質、排気ガス、ダニやハウスダストのいろんな気管支炎の原因などについて解説してます。
気管支に疾患を持つ有名人
ノルディックスキー・ジャンプ男子の葛西紀明選手は気管支が弱い、元AKB48の大堀恵さんの長女はRSウイルスによる気管支炎に、メーガン・トレイナーさん、アーセナルのメルテザッカー選手の気管支炎、十分に活躍することができる、試合を欠場するを解説してます。
閉塞性細気管支炎は非常に希な病気です
閉塞性細気管支炎とは?自覚症状、呼吸が苦しい、息切れ、タンが多く出る症状、抗生剤などの薬、骨髄移植や膠原病喫煙や有毒ガスの吸引等の原因、X線(レントゲン)検査とCTスキャンによる画像診断、気管支炎の中でも非常に希な病気を解説してます。
気管支炎で痰と咳が出る理由
気管支炎の痰と咳とは、気管支炎の痰と咳、風邪が治っても痰や咳が続いている場合、痰と咳で息苦しい、急性気管支炎、慢性気管支炎、風邪と気管支炎の違いとは?粘膜が傷ついてしまうを解説してます。
アレルギー性気管支炎
アレルギー性気管支炎とは?「コンコン」といった空咳などの初期症状、胸の痛み、息苦しい、タンが多く排出される症状、ヒョウダニやハウスダスト、花粉やカビの原因、治療期間を解説してます。
気管支炎と似ている病気
気管支炎と似ている病気の慢性閉塞性肺疾患(COPD)、肺炎や肺がん、結核、続く発熱や血痰、喀血などの症状は気管支炎ではない?長引く咳の中で厄介な病気は?子供に集団感染をさせてしまう病気は?呼吸器科・呼吸器内科がある病院を受診するを解説してます。
気管支炎の症状は初めはコンコン、次にゴホゴホ、呼吸はゼーゼーとなります
気管支炎は病院の何科?赤ちゃんと幼児に多い気管支炎の症状、大人の気管支炎の症状、4の原因、気管支炎の症状は痰が混ざり湿りけもある重い咳、38度前後の熱が出ます、RSウイルスなどの侵入を解説してます。
マイコプラズマ気管支炎
マイコプラズマ気管支炎とは?マイコプラズマとは?マイコプラズマ肺炎、喉の痛み、空咳から、タンが絡む、幼児、子供と大人の症状、原因、治療期間、子供が感染した場合は大人でも注意が必要?を解説してます。
いろんな気管支炎の症状
風邪、急性気管支炎、慢性気管支炎、気管支肺炎、気管支喘息、心臓の位置がずれる、ヒューヒューと言う喘鳴音、呼吸困難が進行し、チアノーゼ等の症状、ウイルス感染、黄色または緑色の粘度の痰などのいろんな症状について解説してます。
急性細気管支炎の症状
急性細気管支炎の症状、発熱、咳、鼻水、息がゼエゼエします、アデノウイルスなどがその代表、発熱や全身倦怠感が起こる、せきは1週間程度残る場合があります、随伴症状とは何か、咳が出て痰がからむ、一歳以下の子供によくみられる病気を解説してます。
気管支炎の再発
気管支炎の再発しやすい人は?喫煙習慣がある人や排ガスを吸ってしまう環境にある人、花粉症などアレルギーがある人や過敏症の人、気管支炎の再発、再発を繰り返す理由とは?喘息に移行する可能性などについて解説してます。
気管支鏡検査
気管支鏡検査とは?気管支ファイバースコープ、CTスキャンの画像診断、気管支鏡検査の目的、気管支鏡検査の麻酔の実施、気管支鏡検査後でわかった結果を解説してます。
子供と大人の気管支炎
子供の気管支炎は喘息に移行しないように早い治療がポイント、仕事を休めない人、大人の気管支炎は肺炎にまで悪化させやすい?喘息の治療は期間が長くまた使用する薬剤も高価になります、気管支炎の自己判断はきけんですについて解説してます。