慢性咳嗽と湿性咳嗽とアトピー咳嗽

スポンサードリンク

慢性咳嗽は5の病態が原因と考えられています

 

慢性咳嗽の読み方
まんせいがいそう

 

 

慢性咳嗽とは?病院の何科にかかればいいの?
まんせいがいそうとは、胸部のレントゲンや肺機能に異常がないのに続くしつこい咳のことを言います。原因は喘息や風邪の後遺症、たばこによるものなど様々です。病院の何科にかかればいいか迷うところですが、まずは内科にかかり、呼吸器科やその他の専門科にて診察を受けます。

 

 

「慢性咳嗽」の症状の説明をします
「慢性咳嗽(まんせいがいそう)」は、簡単にいうと「しつこい咳」や「いつまでもとまらない咳」の事を言います。簡単に症状の説明をします。腹部レントゲン写真や肺機能検査に異常がないのに、8週間以上咳が続きます。

 

 

「慢性咳嗽」の検査方法の説明をします
「慢性咳嗽(まんせいがいそう)」の検査方法の説明をします。主な検査方法としては、2週間以上の長期的な咳嗽である事を確認します。そして、肺結核の要素を除外しなくてはならないので、腹部のレントゲン撮影や喀痰の検査を行う事が必要になります。各種検査によっても把握できない場合には、中心型の肺癌、気管支の結核、気道内の異常などの影響が関係しているケースもあるので、専門的な気管支境の検査が必要になります。

 

 

「慢性咳嗽」の5の原因の説明をします
「慢性咳嗽(まんせいがいそう)」は簡単にいうと、≪しつこい咳≫や≪長引く咳≫のことを言います。原因の説明をします。一般的に考えられている疾患として、【咳喘息】【アトピー性咳嗽】【感染後咳嗽】【胃食道逆流症】【喘息】の病態が原因と考えられています。

 

 

湿性咳嗽の読み方
しっせいがいそう

 

 

咳が止まらない湿性咳嗽とは病院の何科?
湿性咳嗽とは3週間以上咳が止まらず、なおかつレントゲン検査でも異常が見られない場合で、その中でも痰の絡んだ咳を言います。その原因は 副鼻腔気管支症候群や慢性気管支炎などが考えられます。病院の何科を受診するかは内科もしくは呼吸器内科となります。

 

湿性咳嗽での病院の画像
湿性咳嗽の様々な症状
湿性咳嗽の症状だけの説明をします。湿性咳嗽の主な症状としては急性気管支炎や慢性気管支炎をはじめ、気管支拡張症や気管支喘息や肺腫瘍や肺水腫やびまん性汎細気管支炎などの症状を発症する場合があるので注意が必要です。

 

 

湿性咳嗽の検査方法について
長引く咳の症状について、検査方法だけの説明をします。 まず、肺がんなどによるものとそうでないものを切り分けるために胸部レントゲンを撮影します。ここで、がんでないということになると、せきをしたときにたんがからむと湿性咳嗽、からなまい場合は乾性咳嗽と分類することになります。

 

 

湿性咳嗽を引き起こす様々な原因
湿性咳嗽の原因だけの説明をします。湿性咳嗽の原因として、気管や気管支粘膜や咽頭が何らかの刺激を受けることで誘引され発症します。また、気道に異物が入ってしまった際にも発症する場合もありますが、長時間にわたって咳嗽が続く場合に関しては呼吸器や神経系の疾患が原因の場合もあります。

 

 

アトピー咳嗽の概要について
アトピー咳嗽とは元来アトピー体質を持っている人において、防御機能である咳反射が何らかの要因によって強く出過ぎる事によって生じます。 治療としては内服薬の処方が主となりますが、診断確定の為には呼吸器の検査が必要となります。従って病院の何科に掛かるべきかと言えば、耳鼻咽喉科若しくは呼吸器内科が適する事になります。

 

 

アトピー咳嗽の症状について
アトピー咳嗽の症状の説明をします。アトピー咳嗽では、夜間(就寝時や起床時、夜中から早朝といった時間帯など)に、痰を伴わない乾いた咳が出ます。また温度差のある空気を吸い込んだときにも激しくせき込みます。

 

 

アトピー咳嗽の検査の画像
アトピー咳嗽の検査方法について

 

アトピー咳嗽の検査方法の説明をします。アトピー咳嗽は咳喘息と区別がつきにくいため、通常、治療と検査を並行する方式がとられます。具体的には、気管支拡張剤を投与して様子を見、有効ならば咳喘息、無効ならばアトピー咳嗽と判断するという感じです。

 

 

アトピー咳嗽の原因
アトピー咳嗽の原因の説明をします。アトピー体質のある人に多くの症状は咳のイガイガ感を伴う空咳で、喉にエヘン虫がいる状態の事を表し、クーラーなどの冷たい空気を吸った際に良く起こるため家庭内にアトピー体質の方がいる場合は注意が必要です。

 

 

黄砂による咳症状と治療上の注意について
黄砂には体質によってはアレルギー等を起こす物質が付着していて、飛来が多くなる時期にはこうさによる咳症状が出る人がいます。 こうしたせきは咳喘息と呼ばれますが、注意すべきは気管支喘息に使用する咳止め薬を使うと、逆効果になり兼ねないという面を有している事です。
従って治療法としてはマスクの着用・空気清浄機の活用等によって、こうさそのものを可能な限り吸引しない対策を取る事となります。

 

 

pm2.5環境問題と健康被害の関係性
最近よく中国で発生しているpm2.5の問題が話題になりますが今回はその環境問題と健康被害の関係性についてお伝えしようと思います。 環境問題でよく耳にする黄砂やpm2.5はわれわれの健康にも大きな被害をもたらします。 黄砂やPM2.5が空気中から体内に入るとはげしい咳などのつらい症状があらわれます。 日本はそれほど空気は悪くないですがニュースには注意してマスクをするなどの予防を考えてみてはどーでしょうか。

 

 

黄砂の危険性について
こうさは3月〜5月頃に偏西風に乗ってやってきます。その最中に、大気汚染物質などを取りこみ運んでくるのです。それらが体内に入ると、咳やアレルギーなどの疾患を引き起こします。特に、年寄りや子供は症状が悪化しやすくなりますので、注意が必要です。

 

 

黄砂が原因でおこる症状
こうさによって、様々な症状が引き起こされることがあります。主に花粉症に似た症状で、せき・くしゃみ・痰・頭痛などがあげられます。また、黄砂はアレルギーを引き起こす場合があり、元々アレルギーや喘息を持っている人は、特に注意が必要です。

スポンサードリンク

関連ページ

咳を止める方法
風邪、気管支炎の病気を治す、マスク、鎮咳薬、漢方薬で咳を止める、玉ねぎなどの食べ物での咳の止め方、生姜はちみつの飲み物で咳を止める、湿布などの咳を貼り薬で咳を止める、禁煙するなど咳を止める11の方法を解説してます。