喀痰検査とは痰の中に病気の危険因子が存在するか否かを調べる検査です

喀痰検査とは痰の中に病気の危険因子が存在するか否かを調べる検査です

喀痰検査の読み方 かくたんけんさ 喀痰検査とは、痰中に癌細胞や細菌が含まれているかどうかを調べる検査です 喀痰検査とは、痰の中に病気の危険因子が存在するか否かを調べる検査であり、呼吸器系疾患を調べるためには欠くことのできない検査です。喀痰検査には、痰中の癌細胞等の有無を調べる喀痰細胞診と細菌の有無を調べる喀痰細菌検査があり、特に前者の喀痰細胞診において陽性の場合は癌細胞が見つかったことを意味するため、社会環境の変化や喫煙の影響で肺癌患者が増えている現在では、より重要性が増している検査となります。 喀痰検査での痰の出し方 喀痰検査は、呼吸器系の病気の診断に欠かせません。喀痰検査とは、痰を摂取して顕微鏡で観察する検査で、呼吸器系の病気を診断するために欠かすことのできない検査です。痰の出し方については、毎朝痰を摂取し3日続けて摂取します。その際、食べかすなどあると検査が困難になるのでうがいをしてから痰を摂取するようにしましょう。摂取した痰は、医療機関に持参するか検査施設に郵送します。 結核は喀痰検査によって診断される 結核が疑われる場合、結核菌を検出するために喀痰検査を行います。肺結核を診断する際には、喀痰検査で結核菌の有無を調べることが最も重要となります。 塗抹検査では、抗酸菌染色という特別な染色法を用いて痰の中の結核菌に色をつけます。痰が染まれば結核菌が居ることが証明できます。 培養検査では、結核菌がよく育つ培地に痰を入れて、結核菌が増えるかどうかを調べます。 喀痰検査で痰が出ない場合に行われること 健康診断では肺や感染症や腫瘍などの判定に喀痰検査をする場合があります。その場合には痰を採取する必要があるため、痰が出ないと検査ができません。 では、痰の出しやすい状況について説明します。痰は睡眠中の気管支に溜まりやすいので、起床時には痰が出ることが多いです。どうしても、痰が出ない人はネプライザーによる誘発もあります。ネプライザーで吸引をすると気道が加熱されて痰が出やすくなります。 定期健康診断の喀痰検査 定期健康診断に喀痰検査があります。喀痰検査は、呼吸器の病気の有無を見極めるために大切です。感染症や病原体は何かをみつける細菌検査と、がん細胞があるかどうかを調べるための細胞診をします。異常がある場合は、肺がんや肺結核などの病気を疑います。

スポンサードリンク

関連ページ

黄色い痰
黄色い痰と咳が辛いなら気管支炎?黄色い痰はでる原因、B型インフルエンザと黄色い痰、黄色い痰と喉の痛み、黄色い痰が続く場合には、黄色い痰と黄色い鼻水と咳に加え微熱がある場合の原因とは?鼻や喉に違和感を感じるなどの9のサインを解説してます。
白い痰
白い痰が出る原因、カルピスを飲むと白い痰が出る理由、長引く咳や息切れや白い痰が続くときに疑われる病気、長期間のカラ咳は肺がんの初期症状の可能性があります、喘息で白い痰から変化したときを解説してます。
痰が緑色
痰が緑色で塊(かたまり)?、緑色の痰の原因、緑色の痰が出て咳が止まらない、風邪で緑の痰になる理由、慢性気管支炎の痰は黄緑色?緑膿菌の特徴、緑色の痰は感染症や蓄膿症の可能性、インフルエンザ桿菌による緑色の痰を解説してます。
緑色の痰と咳
緑色の痰と咳、そして声が出ない、緑色の痰、咳が止まらない時には、2週間以上の咳が続く場合は結核を疑って下さい、緑膿菌とは咳が出たり緑色の痰が出たり、痰が緑色の場合に考えられる咳の症状とは、普段から免疫力を強化しておくことを解説してます。
緑膿菌
緑膿菌とは、呼吸器や消化器の感染症などの症状、体力が低下していたり抵抗力が弱っている事が原因、血液検査などの3つの検査方法とは、抗生物質の使用などの治療方法、多剤耐性緑膿菌が出現する?緑膿菌は大腸に生息しやすいを解説してます。
膿性痰の原因は12ある?
膿性痰とは、咳と咽頭痛との関係は、膿性痰は放っておいては危険?膿性痰の痰の色の変化、緑色になる原因って?黄色い痰と発熱の関係とは、排出できなくなった粘液が塊となる、細菌による二次感染から発生する?粘液に細菌や白血球が混ざっているを解説。
痰が絡む原因
しつこく痰が絡む、咳や痰が絡む、食後に痰が喉に絡む、子供、赤ちゃんの痰が絡む喘息、逆流性食道炎、風邪、インフルエンザ、タバコの吸いすぎ、肺の病気、甲状腺の病気、花粉症、アレルギー性気管支炎などの9つの原因を解説してます。
痰が切れない14の原因
痰が絡んで切れない場合は病院の何科?、痰が切れない原因、息苦しい、痰が切れず咳が止まらない原因、痰が切れない症状、痰が切れない子供、痰が切れない症状の時に良い物の漢方薬を解説してます。
レインボーな痰の色
風邪ひいた時の痰の比較、痰が緑の理由や黄緑の理由に共通するのは?痰の色には意味がある、花粉症の痰の色とは、痰の色で病気を見分けるのは難しい、痰の色が茶色の理由は?肺炎や肺がんの痰の色、痰の色が白くなる理由など痰の色の9色を解説してます。
インフルエンザの痰
風邪の時に痰が黄色い理由、インフルエンザの時に痰を飲むのはよくない理由、インフルエンザの時に発生する痰の塊、痰、鼻水でインフルエンザのチェック、インフルエンザの後に血痰が出る、インフルエンザに罹った時の黄色や茶色の痰を解説してます。
ハフィング
ハフィングの目的、創部痛に効果的なハフィング法、ハフィングを上手に行う指導、ハフィングの効果とは、ハフィングの注意点、肺切除術のリハビリ、専門家の指導のもとで実施した方がより有効で安全です、痰を気道の上部に移動させる事を解説してます。
喀痰
喀痰とは?病院の何科?喀痰を出しやすくする方法、痰が排出される原因、喀痰を吐きだすメカニズム、自己喀痰は息切れ軽減のためにも必要な事です、痰を出す方法にのハフィング、喀痰を柔らかくするためには水分補給が大事?を解説してます。
塗抹検査
塗抹検査とは?喀痰塗抹検査、塗抹検査のガフキーとは何か、結核菌に関わる塗抹検査、塗抹検査は検体を染色し顕微鏡で見る検査、結核菌は何色に染まって見える?ガフキー号数は0〜10号までの番号を付けます、スライドガラスに塗って染色を解説してます。
排痰法
排痰法はリハビリや看護で重要なケア法です、排痰法の手順を守る、排痰法にはタッピングやハッフィングの手技を用います、排痰法のスクイージング、効果的な排痰法、体位排痰という姿勢を工夫する、胸部をたたくタッピングを解説してます。
痰の出し方
赤ちゃん(新生児)や子供の痰の出し方、喘息の痰の出し方、痰をコントロールするように咳をする、風邪の痰について、老人は誤嚥をするリスクが高い、検査に提出する痰、風邪と痰の関連性、鼻から薄い塩水を交互に吸い込んで痰を出すを解説してます。
気管支炎の痰の出し方
気管支炎の痰の出し方、息苦しさを改善するためにも気管支炎の痰を出した方がいい、気管支炎の痰を吸引するのはどこで、気管支炎の痰が出ない、気管支炎の痰を吐くこと、水分を多めに摂る、うがいをすることが最も良い方法?を解説してます。
気管支炎の痰
気管支炎でも血痰が出ることがある、気管支炎の痰が黄色になる理由、気管支炎の痰が緑色になる理由、気管支炎の痰の透明な理由、気管支炎の痰や咳はどうして出るのか?細菌感染も同時に起こしているという合図、咳が痰へと変わるを解説してます。
気管支炎の痰とその他の症状
気管支炎の痰や熱、鼻水、花粉症、気管支炎の痰は治りかけると白に変わる、気管支炎の痰の色で急性か慢性化がわかります、細菌を攻撃するために白血球の数が増える、特に慢性の場合は他の呼吸器疾患につながる、全身の倦怠感を解説してます。
気管支炎の痰が大量
気管支炎の臭い痰、痰は膿状の場合も、痰が大量に出る時、痰が止まらない、症状が長引く場合、後鼻漏とは、黄色い塊、うがいを頻繁にすると効果的に、細菌などによって気管支が感染を起こす、原因はインフルエンザウイルスのウイルス感染を解説してます。
花粉症の痰の色は何色?
どんな色かによって重症度が違います、花粉症は臭い匂いを感じない、痰が緑色になる理由とは、透明な痰の特徴、花粉症の痰で血が混ざるような赤い痰が出る事はない?目の充血やかゆみなどもあります、花粉症で喉に症状が現れる人は全体の何%?を解説してます。
花粉症の痰と病気
花粉症と風邪の違い、花粉症の痰での喘息のような咳、気管支炎・肺炎の症状を併発、慢性副鼻腔炎へとなる可能性、咳を出し過ぎると頭痛を感じる人も、花粉に対し体の免疫機能が過剰に反応、花粉症の痰は白や黄色、風邪だと誤解する人もを解説してます。
花粉症と痰と鼻
花粉症で痰がからむ症状、痰の色が緑になる理由、痰の色が黄色になる理由、花粉症の痰、花粉症の痰に血が混じる理由とは、花粉症の痰に効く食べ物とは?を解説してます。