気管支喘息のリモデリングは危険です

気管支喘息のリモデリングは危険です

 

ページ内更新情報 
看護について 
呼吸音で悩む方は治すことが基本です 
ストレスの関係について 
気管支喘息のガイドラインについて 

気管支喘息の治療
を更新しました。 

 

関連記事 

気管支炎と気管支喘息と喘息の違い
きかんしぜんそくと喘息は同じ病気?気管支炎(急性/慢性)ときかんしぜんそくの違い、共通していることは?症状、原因となる物質や治療方法の違い、呼吸困難の症状、喘息は幼少期に発症しやすい、喘息とアレルギーとの関係、小児喘息を解説してます。 

咳を止める11の方法
風邪、気管支炎の病気を治す、マスク、鎮咳薬、漢方薬で咳を止める、玉ねぎなどの食べ物での咳の止め方、生姜はちみつの飲み物で咳を止める、湿布などの咳を貼り薬で咳を止める、禁煙するなど咳を止める11の方法を解説してます。

咳が止まらない、熱はない時に食べると良い8つの食べ物・悪い4つの食べ物
気管支炎の治療中に咳が止まらない時に食べると良い8つの食べ物、食べてはいけない4つの食べ物、咳を1回する毎に消費されるカロリーは?咳がひどくなると骨折する?骨折する部位は?消炎効果を持つ食べ物の成分は?痰が切れやすい食材を解説してます。 

気管支炎、急性気管支炎、慢性気管支炎の違い
気管支炎とは、急性気管支炎とは、慢性気管支炎とは、病院の何科を受診する?肺全体が膨張する、インフルエンザ、X線(レントゲン)の診断方法、肺炎、去痰薬や鎮咳薬、原因、治療法の違い白い痰、ゼーゼーとした喘鳴音について解説してます。 

 

気管支喘息を英語にすると
bronchial asthma

 

 

【気管支喘息とは】

きかんしぜんそくとは、一般に「喘息」と呼ばれているものの総称です。

 

喘息性気管支炎と言う症状も名前も

 

よく似た病気 がありますが、全く異なる物です。

 

気管支喘息は喘鳴(空気を吸うときに起きるヒューヒューという音)、

 

咳、タンと共に呼吸困難を主な症状とする喘息です。

 

 

 

 

気管支喘息のガイドラインについて

 

この病気のガイドラインには、就寝時や明方に咳が出る事が多く、

 

飲酒やストレスに緊張感が原因で、

 

喘息の症状が出ると言われています。

 

咳止め薬などでは効果が薄く、

 

気管支拡張薬を使うと症状を抑える事が

 

出来ると言われています。

 

気管支喘息で胸骨がへこむ陥没呼吸の画像

 

 

発作がひどくなると胸の中央にある胸骨が

 

上下にへこむ「陥没呼吸」が見られます。

 

 

幼少期に多く見られ「小児喘息」と言う枠組みで

 

治療を行いますが、根治療法を行わずに

 

その都度の発作を抑える治療のみを行うと、

 

習慣化し て「成人喘息」へ移行しやすいと言う傾向が見られます。

 

 

 

 

【気管支喘息の症状】

気管支喘息は肥大化した気管支壁により、

 

狭くなった気管支で空気を吸おうとすることで

 

ヒューヒューと言う喘鳴音や咳、タン等が出ます。

 

特に狭い気管支による呼吸困難が強い傾向です。

 

発作が重篤になると呼吸困難が進行し、

 

チアノーゼ等の症状が出ることがあります。

 

喘息の発作が頻回に起こると、

 

気管支壁の肥大が慢性化して元に戻りにくくなり

 

(リモデリングといいます)、結果的に治りにくくなります。

 

 

 

 

【気管支喘息の原因】

喘息の発作が起こる原因は気管支炎と

 

共通している部分も多く、発作の多くはダニやハウスダスト、

 

 

植物由来のアレルギーなど様々な要因(主にアレルギーによるもの)で起こります。
気管支の壁に白血球等が集まる画像

 

気管支の壁に白血球等が集まりサイトカインと

 

呼ばれる物質を出すことにより、気管支壁が肥大して、

 

空気の通り道が狭くなり呼吸が苦しくなります。

 

 

 

 

ストレスの関係について


この病気は、気道の炎症が元となって引き起こる病気です。

 

症状が悪化する原因としては、アレルゲンの増加、

 

排気ガスなどによる大気汚染、食品からの

 

化学物質の摂取などが挙げられます。

 

それらに加えて、ストレスも大きな原因の一つと言われています。

 

 

 

 

気管支喘息の治療

 

気管支喘息の治療は「発作時」の治療と

 

「予防的」治療の二種類があります。

 

まず、発作時の治療では狭くなった気管支を拡げる為に

 

メプチン等の飲み薬やホクナリン等の貼り薬、

 

サルタノールインヘラー等の吸入薬による気管支拡張剤を使います。

 

これらの薬は使いすぎると心臓がドキドキする動悸や

 

手足の震え等が副作用として出ます。

 

薬の使用を中断すれば良くなりますが、

 

使用時は注意が必要です。タンを切れやすくするために、

 

発作時は水を飲むようにすると良いです。

 

また、寝ると呼吸状態が悪くなるので、

 

ひどくなったら座らせると良いようです(起坐呼吸といいます)

 

予防的治療にはアレルギーに対してペミラストンやインタール、

 

キプレス等の抗アレルギー剤、

 

炎症を沈めるフルタイドやベコタイド、アルデシンなどの

 

ステロイドの吸入薬などが効果的です。

 

抗アレルギー剤に対して発作が抑えられない場合に用いられる様です。

 

 

 

 

気管支喘息の呼吸音で悩む方は治すことが基本です

 

気管支喘息の呼吸音を解決する画像

 

この病気の呼吸音は、ぜーぜーヒューヒューといった音が生じます。

 

この病気の呼吸音を解決するためには、

 

この病気のを完治させることが最も大事なことです。

 

この病気を患うと体に負担をかけることで体力が消耗します。

 

 

 

 

 

看護について
この病気の看護については、正しい理解が必要といわれています。

 

この病気のは、一般的にいう喘息のことであり、

 

空気の通りみちである気道が狭くなり、

 

咳や痰を繰り返す症状のことであります。

 

その看護としては、服薬や周囲の環境づくりがあげられます。

 

 

 

 

スポンサードリンク

関連ページ

軽い喘息
軽い喘息とは?病院の何科?痰が出たり、軽い息切れなどの症状、胸部レントゲン写真などの検査方法、ダニ・ハウスダスト・花粉、激しい運動、飲酒、大気汚染などの8の原因、薬物療法、アレルゲンの発見と除去などの3つの治療方法を解説してます。
喘息発作
喘息発作とは?病院の何科?咳やたん、呼吸困難等の症状、喘息発作のガイドライン、喘息発作時に気を付けておきたい酸素飽和度、喘息発作の重症度の見分け方、重症度が高くなる症状とは?ヒューヒューという呼吸音、正しい酸素吸入が大切を解説してます。
喘息の吸入器
喘息の吸入器には3つ種類がある、吸入器は発作が起きたときの心強い味方、喘息の吸入器であるシムビコートの特徴、元、東方神起のパク・ユチョンが喘息持ち?喘息の吸入器 副作用、ドライパウダー定量噴霧器、加圧噴霧式定量吸入器を解説してます。
乳児喘息
乳児喘息は病院の何科を受診すべきか、ゼーゼーヒューヒューという音が聞こえる症状、スパイロメトリー検査、4の原因はダニが多い、ハウスダスト、大気汚染などです、治療方法は吸入ステロイド薬、抗アレルギー薬の薬物治療が基本を解説してます。
小児喘息
小児喘息とは?病院の何科?ゼーゼー、ヒューヒューとも息をうまく吐くことが出来ず苦しい症状、血液検査などでアレルギー体質かどうかを診断する検査方法、ハウスダストや家ダニ、動物、食物アレルギー、ストレスによる原因、治療方法を解説してます。
大人喘息
大人喘息とは?病院の何科?夜間や早朝にせき込んだりする症状、血液検査でわかる大人喘息、大人喘息の原因はハウスダスト、アレルゲンを特定しそれを除去する治療方法、自然治癒率は何割?ステロイド薬で発症を起こりにくくするを解説してます。
アレルギー性喘息
とは?病院の何科?呼吸をする際にゼーゼーまたはヒューヒューと音を伴う呼吸をする症状、検査方法、ダニの死骸やフンなどが空中に舞いそれを吸い込む原因、気管支が狭くなっている状態を改善する治療とは?を解説してます。
気管支炎と気管支喘息と喘息の違い
気管支喘息と喘息は同じ病気?気管支炎(急性/慢性)と気管支喘息の違い、共通していることは?症状、原因となる物質や治療方法の違い、呼吸困難の症状、喘息は幼少期に発症しやすい、喘息とアレルギーとの関係、小児喘息を解説してます。
アスピリン喘息
アスピリン喘息とは?病院の何科?咳や呼吸困難等の症状、貼り薬を使った検査方法、アスピリンや種々の酸性非ステロイド性消炎鎮痛剤により誘発される原因、ステロイド薬を使った治療方法、ステロイドスプレーの鼻への噴霧を解説してます。
四日市ぜんそく
四日市ぜんそくとは?病院の何科?息苦しく、激しい咳の発作を繰り返す症状、急速な工業化の為に建設された石油化学コンビナートによる公害問題が原因、スパイログラムによる肺機能検査とは?、四日市喘息は注射投与が治療に用いられますを解説してます。
喘息になった有名人
AKB48の島崎遥香も持つ喘息とは、ギルドのRYUICHI、NMB48の梅田彩佳、SDN48の元メンバーの大堀恵、加藤浩次の喘息、気道が元々狭い場合が多い、ぜんそくは遺伝する?気管支喘息を患っています、愛煙家でも大丈夫?有名人を解説してます。
喘息になったスポーツ選手
吉田沙保里選手が苦しむぜんそく、長谷川穂積選手、吸入治療などを行っている、羽生結弦選手が苦しんできた小児ぜんそく、清水宏保さんは子供の頃より喘息を患っていた、成人になってぜんそくを発症、為末大選手はぜんそくだったを解説してます。